2016夏の家族旅行 義妹家族とコラボで新潟キャンプ!! その1 スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドで急いでテントを張れ!

高校生の長女ちゃん吹奏楽部、中学生の長男くんは野球部で夏はとにかく大忙し。
そこに来て昨年は、僕が思いっ切りお盆に仕事で泊まり有りの旅行には行けませんでした。

今年は何とか家族4人、2.5日だけ休みが重なる日があるじゃあございませんか!
どうする?どうする?と悩んでいると、カミさんの妹ちゃんからキャンプのお誘いが!!
おぉ〜、いいねぇ〜(^O^)/と乗っかる事になりました。

コラボと言うよりも...
準備から道具から全てお任せ~。我が家はただ乗っかっちゃっただけ〜(笑)
ありがとうございます〜m(_ _)m


やって来たのは新潟県の三条市。

アウトドア製品のメーカー、スノーピーク本社がある場所。

IMG_3353.jpg

ここにスノーピークが運営しているキャンプ場、スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドがあるのです。

アウトドアとかキャンプとか、いつも近所の方に連れて行って貰ったり他力本願なのでよく分かりません。
スノーピークという国内ブランドも初めて認識しました。

スノーピークのあるここ三条市と言えば隣の燕市と併せて職人の街。特に食器など金物加工においては世界的に評価の高い街ですが、このスノーピークも出発点は金物問屋だったのだとか。
その創業者がクライマーだったこともあり、自らクライミングギアの開発を始めたところから、今のアウトドアブランド会社へと発展していったのだそうです。

オートキャンプというのを広めたのはスノーピークなんだとか。

面白~~い!!

こういう話聞くと俄然興味が湧いてきますよねぇ~!


ここスノーピーク ヘッドクォーターズでは、スノーピーク製品を展示販売もしていますし、

IMG_3352.jpg


その全ての製品をレンタルしてキャンプフィールドで使うことが出来るのです。

IMG_3354.jpg

まるで体験型ショールームと言った感じ。

う~~ん、面白すぎる。


実はここに到着したのは日が沈もうとしている時間でして。

と言うのも、我が家の長女ちゃんの吹奏楽部のコンクールが前日にあり、その反省会がこの日午前中にあったので、それを待っての移動だったのです。
午前中の間にレンタカー(アルファード)を借りて、その車で義妹ファミリー宅に行き、義妹ファミリーのテントやキャンプ道具を積んでスタンバイしておきました。


と言うわけで、我が家はテントを持ってないので受付でテントをレンタルして、急いで建てますよ~!!

義妹ファミリーは自分のテントを持ってるので、経験者の旦那さんに教わりながらみんなで協力して建てました。


あ~~よかった。何とか寝床が出来た~。

そしたら今度は火を起こして夕飯の準備だ~~~!!急げ急げ~。


お!中学生の長男君も戦力になってるじゃないの~。

IMG_3358_201608220142398f1.jpg

成長したんだねぇ~~。と、腕組みをして頷いてるだけの僕ww


真っ暗になってしまったけど、みんなで楽しく夕飯にありつけました~。

IMG_3360_20160822014233f9b.jpg


いやいや~、お疲れさ~ん。

IMG_3361_20160822014311c09.jpg

でも楽しくて美味しくていい夜だねぇ~。

この日の夜はテントの中で、家族四人久しぶりに川の字になって寝ましたとさ。


つづく。



最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

八ヶ岳から降りて来て、韮崎駅から輪行で帰った。

八ヶ岳とはしばらくお別れ。また来るね〜( ^_^)/~~~

IMG_2444.jpg

韮崎から2時間半かけて毎朝登った八ヶ岳。逆に韮崎までは下りなので40分で着きました!


この日は韮崎駅の近くでお祭りだったようです。

IMG_2435.jpg

韮崎にこんなに人がいるのを初めて見た!((((;゚Д゚)))))))

IMG_2468.jpg

駅前は広場みたいになってるから自転車バラしやすいね。

IMG_2472.jpg


特急あずさで立川まで。

IMG_2473.jpg

最寄り駅まで電車でもいいんだけど、まだ少し暗くなるまで時間があるので、立川で降りて自転車組み立ててホームグラウンドの多摩川に出ました。

IMG_2474.jpg

多摩川に出たところで、道路が濡れているのに気付きました。

あの積乱雲が通り雨を降らせたのかな?

走り慣れた多摩川サイクリングロードにホッとする。
だって道が平坦なんだもん(^。^)

山梨ではず〜っと坂でしたからね。
でも充実した自転車旅行…いやいや、お仕事でしたww

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

新府城を通りがかったから寄ってみた。

八ヶ岳一周の旅を終えた翌日から数日、宿泊していた韮崎のホテルから八ヶ岳の現場まで自転車で通っていました。

IMG_2372_20160822065221547.jpg

八ヶ岳まで25km、2時間半の自転車通勤。
韮崎からず〜っと登り…
でも帰りはずっと下りだから40分!!(笑)

IMG_2404.jpg


その通勤コースの途中に新府城跡はありました。

IMG_2409.jpg

階段の下に自転車を停めて、約250段の階段を上がりました。

僕のビンディングシューズ(ペダルに固定出来る靴)は走る為に特化したロード用では無く、どちらかと言うとマウンテンバイク用なので普通に歩けるんです。

IMG_2411_20160822065227501.jpg

レーサーでは無く、旅中心のサイクリストはこういうのを履きましょう。


ロードバイク用のシューズだとこんな階段は転げ落ちてしまいます。

IMG_2412.jpg


お城があったであろう頂上に到着。

IMG_2413_20160822065316704.jpg

IMG_2418_20160822065317772.jpg


沢山のノボリは、ここがNHK大河ドラマ、“真田丸”のロケ地である事を示してます。

IMG_2426_20160822065318a5f.jpg

新府城は武田勝頼が築いた武田氏最後の城で、築城の指揮を取ったのは真田昌幸(幸村のお父さん。草刈正雄 。の奥さん役は事件に巻き込まれてこれから大変かも…。)とされています。
しかし織田に攻められて、たった68日で勝頼自ら焼き払ってしまうんですね〜。

あとはテレビで観てください。僕は観てないのでその件があるのか無いのかよく分かりません(笑)


城址からの眺望は八ヶ岳方面が僅かに眺められました。

IMG_2432_2016082206532046a.jpg

残念ながら反対側の富士山は見れず。


八ヶ岳に自転車で通わなければ、ここに来る事もなかったろうなぁ〜。そんな風に考えると、とても感慨深い気持ちになるのでした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

今日は自転車でどこ行こう? その62 八ヶ岳一周の旅 その5 最終回 麦草峠頂上に到着!! エイドリア~~ン!!!

八ヶ岳の東側から麦草峠の頂上を目指して自転車で坂を登ってます。

えいさ、ほいさ、えいさ、ほいさ…

長いなぁ〜…

これまでも峠を走る度、「今までで一番キツイなぁ〜。」と、初心者の僕は毎回思いましたが、ここは間違いなくキツイ!とにかく長いんだよなぁ〜。


松原湖という所から、県道409号線を登って来ましたが、途中から国道299号線に入っていきます。

IMG_2263.jpg

メルヘン街道…

自転車の僕には全然メルヘンじゃないんだけど…


ふ〜…ふ〜…ふ〜……

うんしょ…うんしょ…うんしょ…


途中歩道に座り込んで10分ぐらい休んだ時もあったなぁ〜。

飲み物もギリギリになって来て、ちびちび調整しながら飲んでる感じでした。


そんな時に道の駅的なものが!!

IMG_2264.jpg


うぉ〜!!やった〜!!!

もう飲料水補給は諦めてたのに〜。

IMG_2265.jpg

自販機に抱き付きとりあえず一本買って一気に飲み干しました。

ガー!!生きがえったー!!!


ボトルにも補充してと…

もう遅かったからお店はやってませんでした。ソフトクリーム食べたかったなぁ〜。


よ〜し!もうちょっとかなぁ〜?

IMG_2278.jpg

うんしょ…うんしょ…うんしょ…

一休みしてもスピードは変わらん(笑)



そしてそして〜!!


とうとう到着しました〜(^O^)/

IMG_2297_20160817070014925.jpg

麦草峠の最高地点、2127m〜!! 初の標高2千メートル越え!!!

やっっったー!!!

と、誰もいないのをいい事に声を上げてしまった(≧∇≦)


いやいやいや、長かったなぁ〜。


しかしこの2000越えという数字がですね〜、後々自信になり次なる計画につながる事になったのでした。
それはまた今度。


この時点で17時半ぐらいになっちゃってました。

暗くなる前に、八ヶ岳の西側に降りないと大変な事になっちゃう!
都会の夜では考えられない、真っ暗闇になっちゃうからね。


ここからはもうとにかく下るだけ。

IMG_2310.jpg

ヤッホーい!!

今までの借りを返して貰う感じ。

しかし下りは下りで長いんだよね〜。
下ハン握ってブレーキに指をかけた状態で長時間走るのはキツイ。スピードも出てるから物凄い集中しなくちゃいけないし。


とにかく日が暮れる前に降り切った〜。

IMG_2317.jpg

この後、甲州街道、国道20号線に出ても本日のお宿、韮崎までずっと下りだったのでそういう意味では労せずして走ることが出来ましたが、20号線も外灯がほとんど無く真っ暗で怖かったです。トラックがビュンビュン飛ばしてたからね。


でもまぁ、無事に到着!

全行程162km、14時間の旅でした(^O^)/

IMG_2325.jpg

この日の宿、ホテルルートインコート韮崎は、自転車をそのまま部屋まで入れさせてくれましたよ〜。

お疲れさ〜ん!と、一緒に寝ることが出来ましたとさ。



おしまい。



最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

今日は自転車でどこ行こう? その61 八ヶ岳一周の旅 その4 松原湖から麦草峠を目指す

山梨県は甲府から、八ヶ岳南麓の天女山を経由して141号線を北上しております~。




天女山を出てから141号線に入ってもず~~っと下ってるイメージ。

IMG_2213.jpg

下りは楽だけど、その分どっかで思いっきり登らなきゃいけない気がして不安になるんですよねぇ~。

IMG_2214.jpg


141号線、清里ラインはいつしか佐久甲州街道という名称になり、こんな看板がありました。

IMG_2220.jpg

141号線の右側(僕は北上してるので)を八ヶ岳高原線が走っていますが、清里駅と野辺山駅の間にこの最高地点はあるようでした。

さっき寄った天女山が標高1500mぐらいでこの辺が1300m。

この後更に下って麦草峠への道に入って行きます。

IMG_2231.jpg


141号線からこの松原湖にそれると、八ヶ岳の東側、麦草峠への登りが始まります。

IMG_2243_20160817065703f97.jpg


さぁ~~、登るよ~~!!

IMG_2244_20160817065737b0e.jpg

と言っても休みながらね(笑)

どんな峠でも終わりのない峠はない。何回か休めば絶対最後まで行ける!そんな楽な気持ちでいつもやっております。
レースじゃないし、独りで走ってる特権でもあります。

八ヶ岳の上の方はずっと雲がかかった状態。

IMG_2245.jpg

でも空は青く広がってきて日が差して来たので日焼け防止にアームカバーを装着しました。

IMG_2250_2016081706574044c.jpg


どんどん高度を上げていきます(正確にはゆっくりゆっくり)。

IMG_2260.jpg


そしてこんな風に休みながら(笑)

IMG_2261.jpg

きついところは頭までグワ~~!!って熱くなって来るので、そんな時は数分止まって息を整えて。そうするとまた不思議と漕げるんです。

結局頂上まで5、6回休んだかなぁ~。1回なんか歩道に座り込んで10分ぐらい休んじゃったよ。まだかなぁ~~...って(笑)


つづく。



最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

参加中!
ポチッとお願いいたします。
プロフィール

たびぱぱ

Author:たびぱぱ
大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイクに乗って出かけてます。
今年中に1泊でどこまで行けるかやってみたいなぁ~と思ってます~!

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしければこちらもお願いします。
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも一覧

だいたいピンボケ!?

旅行・日常の小さな楽しみ

犬(シーズー)好き、旅行好き、小説好き、PC好きのページ

きなり食堂

kunysの日々いろいろ

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

Henry Le Chatelier

竹林乃方丈庵
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示