お土産&お土産

鹿児島
03 /07 2017
今回鹿児島での宿泊は天文館通りのすぐ側。

20170306084150d2e.jpg

鹿児島最大の繁華街と言えば、“天文館通り”です。


アホみたいにデカイカキ氷、“白熊”で有名な“むじゃき”も天文館通りにあります。

閉店後の“むじゃき”。

201703060841527b7.jpg

世界広しと言えど、閉店後の“むじゃき”を写真に撮ってアップするやつはそう多くあるまい。わっはっは。


鹿児島には僕の両親がおりますので、仕事終わりで一泊させてもらうことに。

中々会えないので、出張で近くに来た際には顔を出します。

お土産は韓国の色々(笑)

20170306084153109.jpg

両親はまだ70歳前ですが、やっぱり食べ物は色々気を付けないといけないので、お土産って難しいんですよね〜。

空港でお菓子買って〜、と言うわけにはいかないので、最近韓国にカブれてるもんですからこんなの思い付いた。



帰る時、母に手渡されたお土産。鹿児島定番お菓子と言えば“蒸氣屋”製品の詰め合わせ〜。

2017030608415411d.jpg


子供達も大好きな“かるかん”。

20170306084156865.jpg

“かるかん”メチャウマなんですよね〜!

20170306084157fac.jpg

米粉と山芋から出来た生地に、優しい餡子。

“銅鑼殿(どらどん)”の焼印は島津の家紋。

2017030608415917a.jpg

あっという間に食べちゃいましたとさ。

いつかまた家族で遊びに行きたいなぁ〜。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト

韓国旅行のその後 その2 鹿児島で見付けた韓国 「韓国むら」

鹿児島
03 /06 2017
昨年末、韓国旅行に行ってからというもの、韓国にハマリ続けてます。

今更?という感じは否めませんが^^;

と言うのも、東京のコリアンタウン新大久保にしても、一時の勢いはなく、かなり下火になりつつある様です。
休日に行ってみるとまだまだかなりの人手で、そんな風には感じないんですけどね〜。

各地を訪れる際も韓国キーワードで何か引っかからないかなぁ〜と調べたりします。

鹿児島でもこんなお店がありましたよ。

IMGP4835.jpg

“韓国村”と言う、韓国料理のお弁当屋さん。

20170306081917d54.jpg

雰囲気的にはイートインも出来るお弁当屋さんといった感じ。

20170306081919bb7.jpg

注文して出来上がるまで壁に貼ってある記事など読んでいると、奥さんが韓国の方みたいですね。調理担当の旦那さんは日本人のようです。

スンドゥブチゲをテイクアウトしてホテルの部屋で頂きました。

IMGP4843.jpg

美味〜い!!

出張先では部屋食専門なので、部屋で韓国料理が味わえるなんて最高ですね〜!


あとこんなのも買いました。

IMGP4836.jpg

メッコール(麦コーラ)と韓国のお菓子(お餅をチョココーティングしたようなもの)。

今年はこんな感じで、韓国キーワードも取り入れた旅をして行きたいと考えてます。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

せごどん

鹿児島
03 /05 2017
来年の大河ドラマが「西郷(せご)どん」だということをさっき知った…^^;

IMGP4820.jpg
“市内”の西郷像。“市内”と言うと鹿児島の人は“鹿児島市内”を指します。

ドラマを継続して観ることは不可能なので、大河ドラマに興味がないのです。大河ドラマがいつやってるのかも知らない程。

IMGP4826.jpg

これだけ各地を周ってるんだから、興味を持ったら更に旅が楽しくなるだろうにね。

でもその割には、鹿児島が盛り上がってる感じがしなかったけどなぁ〜。気付かなかっただけなんだろうな。


さて、「西郷どん」と書いて「せごどん」と読ませるようですが、鹿児島ではaiをeと発音することがあるんでしょうね。“野菜”を“やせ”と言ったりするそうです。

昔ひいおばあちゃんが健在の頃、近所のおばあちゃんと二人で話してるのを聞いてると、何を言ってるのかさっぱり分からなかった記憶があります。

鹿児島弁って難しいんですよね〜^^;


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

一番好きな山

鹿児島
03 /04 2017
鹿児島でごわす。

市内※の海っぺりから見た桜島。

IMGP4809.jpg
※鹿児島の人が“市内”と言うと鹿児島市の市街地の事を指しています。「おいは国分だけどお前さんは“市内”かい?」みたいな感じ。

いつ見ても大迫力。

そして不思議な風景。

「一番好きな山は?」と聞かれたら僕は“桜島”と答えます。

おっと…

これもよく考えたら変ですよね。山の名前を聞かれてるのに、“島”って言っちゃってるしw

でも“桜島”は活火山も含んだ総称なのでいいのです。
桜島山とは言わない。


ここしばらく噴火してないようで、降灰※は感じられませんでした。

※これもちょっと引っかかった。何と読むのか。と言うのも、今これを書いてて“こうはい”でも“こうばい”でも変換出来なかった^^;
正解は“こうかい”なんですね。
でもニュースではややこしいので「こうはい」とわざと言ったりするそうです。



こちらは城山からの眺め。

IMGP4831.jpg

何故一番好きな山が桜島なのか。

錦江湾のど真ん中にそびえる男らしい迫力がカッコイイ!のもありますが、僕の母親の出身地であり、ひいおばあちゃんとの思い出の地だからなのでした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

カテゴリーは鹿児島ですが都内の車内の風景です。

鹿児島
07 /10 2016
電車内のつり革が全部ボンタンアメ!以前からこの光景に出会うと驚いたり嬉しかったり。

IMG_1193 (540x405)

気恥ずかしさもあって中々写真が撮れなかったけど、今回やっと勇気を出して撮影しました。

IMG_1195 (540x405)

僕が高校生の頃までは鹿児島にひいお婆さんがいたので、多分他のものと一緒に送ってくれてたんでしょうね。ボンタンアメが家のお菓子入れに度々入っていました。だから僕にとってはボンタンアメはとても親しみがあり、懐かしいものなのです。

そんなボンタンアメのつり革につかまる時、ひいお婆さんの思い出や、現在鹿児島にいる両親と90歳を越えたおじいちゃんに想いを馳せるのでした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!