こ〜の煎餅誰んだぁ?→おらんだ!!

山形
07 /06 2016
山形のお土産はやっぱりミルクケーキ。

20160623003849e5d.jpeg

これ色んな種類があってお店に並んでるのを見るとカラフルで楽しい。

カミさんが小さい頃、お買い物のご褒美におばちゃんに貰った事があるミルクケーキ。
カミさんは“ケーキ”という単語に嬉しくてワクワクして食べたら、全然“ケーキ”じゃなくてがっかりしたといういわくつきの一品です(笑)

だからお土産にワザと買って帰るんだけどね(≧∇≦)


あとこれはお土産じゃなくて新幹線の中で頂きました。“オランダせんべい”。

20160623003850474.jpeg


なぜ山形なのにオランダ!?
となるわけですが、オラ(山形弁で私)のせんべい、というダジャレから付けたそうです。
私達のせんべい、というような意味でしょうか。

実はオランダせんべいは国内に2種類存在するようで、もう一箇所が北海道だそうです。
そっちは本当にオランダ発祥のお菓子的な物のようですが、その辺は覚えてたら次回北海道行った時に探してみようかな。

以上、山形を代表するお菓子でした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


スポンサーサイト

ラーメン その18 カテゴリーは山形だけどお店は東京~(笑)

山形
12 /14 2015
たまにカミさんと車で買い物に行く、近所のショッピングモールへ家族で食事に行くことに。

山形ラーメン 天童。

IMG_4646.jpg

天童と言えば将棋。山形ラーメンと言えば冷やしラーメン

それは置いておいて...


こちらのメニュー構成は、天童中華そば、塩麹入り涙の塩らーめん、白味噌らーめん、辛味噌らーめんとなっており、それぞれトッピングの分だけメニューがあります。

僕はその中の、幻のみそを使っていると謳う白味噌らーめんにしてみました。

IMG_4642.jpg

色んな出汁がブレンドされててまろやかな味だなぁ~。

やっぱり味噌には太縮れ麺ですよねぇ~。

IMG_4643.jpg

美味しいね~。

餃子大好き長女ちゃんのリクエストで餃子も頼みましたよ~。

IMG_4644.jpg

丸っこいのが鶏餃子、オーソドックな形状のが闘魂餃子です。

しかし何故東京の多摩で山形ラーメンなのか。
それは店主が山形の天童出身だから。

店主曰く、山形には地域ごとにご当地ラーメンが数多く存在するので、それをまとめて表現したのがこのお店なのだとか。多分そんな様な説明がホームページにありました。

だからメニュー豊富なんだねぇ~。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


山形の名物

山形
11 /05 2013
 まずはホテルの朝食バイキングで食べたお豆腐。

IMGP9509.jpg

 お豆腐がボールに入っていて、そこからお玉ですくって取る感じだったので変な形になっちゃってますが、注目すべきは赤い点々。

 これ“紅花”入りのお豆腐だそうです。

 山形は紅花の産地であり、山形県の花も紅花。県主導で紅花を全国にPRしているようで、この様にホテル、旅館などでも、機能性食材としても注目される、紅花を使った料理が出されているというわけです。


 こちらは、山形の代表的なお菓子、“ミルクケーキ”。

IMGP9512.jpg

 ミルクケーキにまつわる、我が家のカミさんのエピソードを以前書いたことがございます。

 新幹線の改札の所にある売店で売ってます。こうやって陳列してあると綺麗ですよね〜。



IMGP9518.jpg


 その改札側の売店で必ず買うのが、玉コンニャク。これも山形名物。いつも帰りの新幹線の中で頂いてま〜す!

IMGP9520.jpg

 あと売店では、あったかい“芋煮”もカップに入れてくれるので、新幹線の中で食べることが出来ます。


 そしてお土産はお漬物〜。

IMGP9522.jpg

 山形特産のさくらんぼの漬物は、しば漬風味。


 こっちはやはり山形特産の菊の花を使ったお漬物。

IMGP9523.jpg

 白菜とキュウリを菊の花で包んで巻いてあります。


 山形は食用菊の出荷量、全国1位。通称“もってのほか”。

 “天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか”、“もってのほかおいしい”というのが呼び名の由来だそうです。

IMGP9524.jpg

 しっとりと上品なお味。菊の食感がアクセントになってます。色も綺麗ですよねぇ~。

 美味しかった~~!


 “もってのほか”には悪玉コレステロールを抑制したり、発ガン予防の効果もあるそうですよ~!


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



山形県産業科学館

山形
11 /04 2013
 山形駅の西口にあります、地上24階の山形市で一番高いビル、霞城セントラルの2階から4階部分に、“山形県産業科学館”はございます。

01_20131105062053118.jpg

02_20131105062055fbc.jpg

 
 子供が楽しめる、科学館の機能と、山形の産業の紹介という二つの部分から構成されていました。

03_20131105062056a92.jpg


 各階に移動する為の、らせん状の回廊に貼られたパネルで、山形の産業の歴史を学ぶことが出来ます。

04_20131105062058dcd.jpg

 戦前の製糸業、織物業から始まり、その技術は時代の要請とともに軍需産業へと移り変わっていきます。

       05_2013110506232716e.jpg

 その代表が、日本飛行機山形製作所(日飛)。従業員は3千人、“赤トンボ”と呼ばれた九三式中間練習機を月40機ほど生産する大工場だったそうです。


 その日飛で終戦間際に造られた、ロケット推進の戦闘機“秋水”の模型もここ産業館に展示されていました。

06_201311050621258d6.jpg

 “シバタモデル”という模型屋さんで“秋水”のプラモデルを買った時に教えて貰いましたが、このオレンジの塗装は試作機カラーだそうで、山形で造っていた機体はグリーンベースの塗装だったとのことでした。


 この模型自体は、紙で作られていて、そのアイデアと技術も興味深いところです。

07_2013110506212633b.jpg


 で“秋水”ですが、ドイツ軍のメッサーシュミット Me 163 “コメート”(彗星(コメット)のこと)の資料を基に造られたそうです。

 “コメート”は航空機史上唯一の実用ロケット推進戦闘機です。

 日本で造られた試作機は、最初のテスト飛行で失敗、そのまま終戦を迎えました。

08_20131105062128be7.jpg

 車輪は格納せず、機体が飛び上がったら落っことす仕組みだったようです。ソリみたいなのが付いてますが、着陸時はこのソリを使います。

09_2013110506213026d.jpg

燃料を一気に噴射してB29のいる高度まで上昇、その後は滑空して地上に戻る戦法のはずだった様ですが…。う〜ん…、どうなんでしょう?滑空している間に打ち落とされそうだし、一瞬のチャンスで上手く撃墜出来る可能性も少ない様な気がするので、特攻戦法に切り替えられただろう可能性も否定出来ないし、何にしろ実用化する前に終戦になってよかった様な気がする…。


まぁとにかく、終戦後閉鎖された“日飛”の技術は、そのまま山形の産業を支えていったようです。

10_20131105062123696.jpg


霞城セントラルの最上階、展望室から山形の都市を見渡しながら、山形の産業の歴史に思いを馳せてみるのでした。

11_20131105062156530.jpg



最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
 ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


あわわわわ...( ̄Д ̄;;

山形
11 /02 2013
 日本シリーズで盛り上がり、そのまま爆睡...。


 そして手抜きネタ...(汗)


 
 鳥海月山両所宮を参拝した後、北山形駅まで歩きました。


 そこで見かけたとんでもない武将!

001_20131103071804ea4.jpg


 その兜は...!!


 まさか、最上義光公ではござるまいか!


 まさかとは思いますが。



 何にしても、トイレは駅で借りましょうね。



最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!