2010夏の家族旅行 その11 最終回 渥美半島上陸

2010夏の家族旅行(大阪、伊勢)
08 /22 2010
 今年の家族旅行は、車で大阪行ってみよ~~!!(ついでに伊勢志摩)その11 でございます。

 渥美半島、“伊良湖港”に到着しました。フェリーを降りて、愛知県に上陸です!

03_20100820235023.jpg

 左がお世話になった“伊勢湾フェリー”。右は名鉄フェリー“フラワーライン”。伊良湖港から知多半島の師崎港を結びます。

04_20100820235023.jpg

 ちなみに“伊勢湾フェリー”は、鳥羽丸、知多丸、伊勢丸と、3隻の船がありますが、鳥羽丸を例にとりますと、
 2,399トン、全長40m、航海速力16.3ノット、旅客定員500名、車両積載台数 バス14台/乗用車52台/バイク15台
 
 参考までに、名鉄フェリー“フラワーライン”は、
 971トン、全長56m、旅客定員450名、車両積載台数 バス8台/乗用車40台、航海速力16ノット

 となっております。


 こちらが、“伊良湖旅客ターミナル”でもあり、道の駅でもある“伊良湖クリスタルポルト”。

05_20100820235023.jpg

 ブロともの“かじぺた”さんに教わっていたので、ここの1階にある“やしの実博物館”も覗いてきました。

 ここ伊良湖の海岸で、椰子の実を拾った民俗学者柳田國男さんが、友人の“島崎藤村”に話をしたところ、あの有名な“椰子の実”という詩が出来たのだそうです。

  ♪~名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ~♪

06_20100820235022.jpg

 “やしの実博物館”は正直言うと、ちょっと恐かったです(笑)子供達はその不気味さに、さっさと退散してしまいました。


 “伊良湖クリスタルポルト”をあとにしまして、渥美半島を浜名湖方面に向かって走ります。

      07_20100820235022.jpg

 天気にも恵まれ、最高のドライブでした!


 途中こんなのを発見。“百々陶器窯跡”(どうどうとうきかまあと)。

08_20100820235021.jpg

 渥美半島には、平安時代から鎌倉時代の陶器生産用の窯跡が多く発見されているそうです。“百々陶器窯跡”もそのひとつで、鎌倉時代に茶碗、小皿、甕、壷などが焼かれていたようです。国指定史跡となっております。

 渥美半島の現在の焼き物事情はよく分かりませんが、海のすぐ向こう、知多半島の“常滑”は有名な焼き物の産地です。

09_20100820235112.jpg

 渥美半島はメロンの出荷量が多いのでも有名だそうです。

10_20100820235112.jpg

 今回我が家は買いませんでしたが、かなりお得な値段でメロンを購入することが出来るようです。

 僕以外はみんな、旅の疲れか寝る体制に入りました。

11_20100820235112.jpg

 そう言えば、ブロとものかじぺたさんちは、いつも高速のらずに1号線を走って東京方面行くって言ってたなぁ~。なんて思いながら、ある計画を思い付き、みんな寝てるのをいいことに、浜松インターをパスして、1号線を走ってみました。

 3カンで105円!安いなぁ~。とか、

12_20100820235111.jpg

 おぉ~、これがシンドラーエレベーターか~~!とか、

13_20100820235111.jpg

 ちょっとかじぺたさん風ブログのマネなどしながら(すいません!)1号線をひたすら走ります。

 この間、カミさんも子供も爆睡。よしよし...



 そして向ったのは、東静岡駅前。と言えばリアルサイズの“ガンダム”の立像!!

      14_20100820235111.jpg

 只今、東静岡駅前では、“模型の世界首都 静岡ホビーフェア”というのを2011年1月10日までやっていまして、そこで“ガンプラ生誕30周年”を記念して、“RGリアルグレード1/1ガンダムゾーン”が設置されております。

 いや~、いいもの観れたなぁ~~!!(お台場の時のガンダムはこちら

 呆れ顔のカミさんをなだめつつ、今度こそ高速にのって、我が家に帰りましたとさ。

 夏の家族旅行編は終了でございます。ありがとうございました!


大きな地図で見る

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



PG 1/60 RX-78-2 ガンダム 30周年限定モデル エクストラフィニッシュバージョン (機動戦士ガンダム)PG 1/60 RX-78-2 ガンダム 30周年限定モデル エクストラフィニッシュバージョン (機動戦士ガンダム)
(2010/03/28)
バンダイ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2010夏の家族旅行 その10 伊勢湾フェリー

2010夏の家族旅行(大阪、伊勢)
08 /21 2010
 今年の家族旅行は、車で大阪行ってみよ~~!!(ついでに伊勢志摩)その10 でございます。

 さて、やっと旅行も最終日となりました。

 長男君が最後の宿泊地、“伊勢志摩ロイヤルホテル”で一緒に寝てるのは、

01_20100820233931.jpg

 大阪の“海遊館”という水族館で買った、“ジンベエザメ”のぬいぐるみです。大のお気に入り!


 さあ、旅行最終日の朝です。今日はここから東京まで帰ります。

02_20100820233931.jpg

 この最高の志摩の景色とも、今日でお別れ。

 
 朝食はホテルのバイキング。

03_20100820233930.jpg

 そして折角あるんだから、というわけでチャックアウトまでプールでひと泳ぎしました。

04_20100820233930.jpg


 チャックアウトしてホテルを出ると、今度は鳥羽に向かいます。

 途中、水中翼船が目印、“伊勢志摩みやげセンター王将”でお土産を見ます。

05_20100820233930.jpg

 この“水中翼船”昭和38年から57年まで、海上観光船として実際に使われていたものだそうです。全長約30メートル。迫力の看板ですね。


 そしてやって来ました!“鳥羽港”。ここからフェリーに乗って、渥美半島に渡ります。

06_20100820233929.jpg

 乗船までまだ時間があったので、“鳥羽フェリーターミナル”で時間を潰しました。

07_20100820234017.jpg

 もちろんお土産屋さんもありますし、

 伊勢湾名物の“大あさり”と、松阪牛の串焼きを食べてみたりしました。

08_20100820234017.jpg

 “大あさり”はハマグリみたいなデカさ!おいしかった~~。

09_20100820234016.jpg

 
 時間になり、車ごとフェリーに乗り込みます
 
10_20100820234016.jpg

 子供達は初体験。車が船に乗るという光景に、おおはしゃぎでした。

 実はこの三重県鳥羽市と愛知県田原市の伊良湖岬を結ぶ“伊勢湾フェリー”、高速道路値下げの弊害で、9月末で航路廃止と聞いていたのですが、最新のニュースでは三重、愛知両県と鳥羽、田原両市の支援が決定し、存続することが出来るようです!パチパチパチパチ!

11_20100820234016.jpg

 ほらほら、長女ちゃん!変顔するとブログで容赦なく採用しちゃうからねぇ~。

12_20100820234014.jpg

 あぁ~...志摩半島が段々小さくなって行く...

01_20100820234209.jpg

 小さな島々を眺めながらの船旅は最高に気持ちよかったです。本当にすばらしい景色でした。
 運がいいと、イルカの群れに遭遇することがあるそうです。

      02_20100820234208.jpg

 僕は船内に入ることは無く、ずーーっと外にいました。この最高の景色を見逃すことなんて出来ません。
 このフェリーが存続するのであれば、又伊勢志摩にも旅行に行きたいなぁ~と強く思います。

 愛知県田原市の“伊良湖港”が近付いて来ました。
 (鳥羽港―伊良湖港 55分)


大きな地図で見る

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



港の挽歌港の挽歌
(2008/02/06)
鳥羽一郎

商品詳細を見る

2010夏の家族旅行 その9 志摩スペイン村

2010夏の家族旅行(大阪、伊勢)
08 /20 2010
 今年の家族旅行は、車で大阪行ってみよ~~!!(ついでに伊勢志摩)その9 でございます。

 “伊勢神宮”をあとにしまして、“伊勢志摩スカイライン”を使って、鳥羽に抜け、本日のお宿、“志摩”を目指します。

01_20100820034355.jpg

 “伊勢志摩スカイライン”はものすごくいい景色でした!

 “朝熊山展望台”には足湯があります。

02_20100820034354.jpg

 最高の景色を眺めながらの足湯は、とても気持ちいい!!


 本日のお宿、“伊勢志摩ロイヤルホテル”

03_20100820034354.jpg

 大和ハウス工業のグループ会社が経営する、ダイワロイヤルホテルズの一つです。

04_20100820034354.jpg

 長男君が頭に乗せてるのは、大阪“海遊館”で買ったジンベエザメのぬいぐるみ。今でもいっしょに寝てます。


 志摩っていい所ですねぇ~~!!景色が最高!

05_20100820034354.jpg

 下に見えるのがホテルのプール。そして先の方に見える建物郡が、これから遊びに行くところです。



 “志摩スペイン村 パルケエスパーニャ”に行きました。

      06_20100820034518.jpg

 ホテルからは、橋を渡ってすぐの所にありました。
 
 “志摩スペイン村”は、このテーマパーク“パルケエスパーニャ”を中心に、“ホテル志摩スペイン村”、“天然温泉 ひまわりの湯”からなる複合リゾートです。 

07_20100820040857.jpg

 その名の通り、スペインを模したテーマパークとなっております。

 スペインの町並みを再現した施設に、お土産屋さんやアトラクションなどがあります。

08_20100820034518.jpg

 16時以降に適用される、“ムーンライト入園券”(大人1000円)で入りました。子供達は“ムーンライトパスポート”(小人1200円)、アトラクションや乗り物を全て利用することが出来ます。


 “炎と洪水のスペクタクルショー「ロストレジェンド」”だけは大人も中でチケットを買ってみんなで観ました。

09_20100820034517.jpg

 火と水を使った、迫力のショーです。

 “ずぶぬれゾーン”に座って滝に飲み込まれる長男君。

10_20100820034517.jpg

 ホントに“ずぶぬれ”。

11_20100820034517.jpg

 乗り物も沢山乗りました。

      12_20100820034559.jpg

 夜になると、やっぱり“ヒカリモノ”が欲しくなります。

13_20100820034559.jpg

 長男君は光る剣を買ってもらいました。カッコつけてるけど“ずぶぬれ”。
 しかも濡れたパンツのまま歩き回ってたから、“またずれ”おこしてガニマタで剣を振り回してました。

 夜のパレードも千葉の何とかランドほどではないですが、中々頑張ってます。

14_20100820034559.jpg

締めはやっぱり花火ですねぇ~!レーザー光線とのコラボはすばらしいものでした。

15_20100820034558.jpg

 千葉の何とかランドではいつも死に物狂いで行動していますが、ここは空いていて何でものんびり体験出来るのがよかったです。夕方からの入場だったので、半分も見れなかったのが残念ですが、子供達は乗り物に沢山乗れて満足だったようでした。

 さて、明日はとうとう旅行最終日。フェリーに乗って渥美半島に渡ります。

 つづく。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



スペイン EL CID社 鉄製パエリアパン 30CM 4人用スペイン EL CID社 鉄製パエリアパン 30CM 4人用
()
不明

商品詳細を見る

2010夏の家族旅行 その8 おかげ横丁

2010夏の家族旅行(大阪、伊勢)
08 /19 2010
 今年の家族旅行は、車で大阪行ってみよ~~!!(ついでに伊勢志摩)その8 でございます。

 無事お伊勢参りを済ませまして、内宮から五十鈴川沿いに続く鳥居前町、“おはらい町”を散策しました。

 伊勢特有の切妻・入母屋・妻入り様式の建造物が並ぶ町並みは、まるで江戸時代のお伊勢参りブームの頃に突入したような錯覚を起こします。

001_20100819213428.jpg

 一時は集客率がかなり落ち込んでいたようですが、この建造物群を作り上げ、一大テーマパークに再生したのは、老舗和菓子店の“赤福”だったそうです。

 カミさんもとっても楽しそう!

002_20100819213427.jpg

 その“赤福”が経営する、“おかげ横丁”を目指しました。

003_20100819213425.jpg

 “伊勢うどん”を頂きました。 

004_20100819213425.jpg

 ↑   ↑   この冷たい“伊勢うどん”は僕も初体験。夏にぴったりです。

 もちろんカミさんにはノーマルな方も味わって貰いたかったので、それも頼みました。

005_20100819213425.jpg

 食後の休憩。

006_20100819213425.jpg

007_20100819213523.jpg


 招き猫ばっかり売ってるお店。ここ好きなんですよねぇ~。

008_20100819213522.jpg

 欲しいのいっぱいあるけど、やっぱりいいなぁ~、と思うのは高い。


 紙芝居をやってました。子供達一生懸命観てました。

009_20100819213522.jpg

 やっぱり射的もやる長男。

010_20100819213521.jpg

 もちろん“赤福氷”もカミさんに食べて貰いました。左が“赤福氷”、右は長女が食べたメロンかき氷。果肉入りでした。

011_20100819213520.jpg

 これも出張で僕は体験済みで、カミさんにはいつもそうですけど、話ばっかりで悪いなぁ~と思っているので、この“赤福氷”も体験して貰うことが出来て、僕も嬉しかったです。

012_20100819213520.jpg

 ↑   ↑   中に“赤福”の餡子とお団子が入ってます。あ~~、これ毎日食べたい!


 “豚捨(ぶたすて)”のミンチカツなども家族に食べて貰うことが出来ました。

013_20100819213550.jpg

 出張先では、「あ~~、これは家族にも見せてやりたい、食べさせてやりたい。」と思うことが多々ありますが、その一つを叶える事が出来て、僕も大満足のお伊勢参りでした。


 そして最後は伊勢の地サイダー、“エスサイダー”

014_20100819213550.jpg

 昭和40年代のはじめに製造中止となった、三ツ矢サイダーとも肩を並べていたとも言われる“エスサイダー”を40年ぶりに復刻したものだそうです。これは僕も初体験。


 ここから今度は、次のお宿、“志摩”を目指します。

 つづく。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



ソーラー招き猫(黒) RC-46Bソーラー招き猫(黒) RC-46B
()
Unknown

商品詳細を見る

2010夏の家族旅行 その7 お伊勢参り

2010夏の家族旅行(大阪、伊勢)
08 /18 2010
 今年の家族旅行は、車で大阪行ってみよ~~!!(ついでに伊勢志摩)その7 でございます。


 今年の3月で大阪に帰ってしまったお友達の所に、2泊させて頂きまして、その後は東京に向かいながらの家族旅行でございます。

 大阪から三重県に入りまして、1泊目はこちらに泊まりました。

01_20100818223221.jpg

 “ファミリーロッジ 旅籠屋 東松阪店”

 僕は“旅籠屋”ってまったく知らなかったんですけど、ブロともさんに教えて貰って、今回利用してみました。
 “アメリカンスタイルのロードサイドホテル”とうたっていて、車で旅行するには持って来いの宿です。
 
02_20100818223220.jpg
ロビーにあるコーヒーは部屋に持って帰って飲むことが出来ます。

 しかも何と、4人で12,500円

03_20100818223220.jpg
朝食も数種類のパンと、コーヒーやオレンジジュースだけですけど、無料です!ロービーから部屋に持って帰って食べます。

 部屋も綺麗で、ビジネスホテルに泊まること考えたら全然広くて快適です。

04_20100818223219.jpg

 これは朝撮影したので、僕以外の寝相の悪い三人が散らかしてしまったので、こんな状態ですが、実際はとってもきれい!


 さて、ここから伊勢に向かいました。

05_20100818223219.jpg

 実は伊勢の泊まりはいっぱいだったので、松阪に泊まったのでした。

 伊勢と言えば“伊勢神宮”
 江戸時代には、「一生に一度はお伊勢参り。」と言われ、江戸からだと2週間以上かけて歩いて参拝したのだそうです。色々なことを感謝する、~のおかげ、の“おかげまいり”とも言われたとか。


 まずは“外宮(げくう)”を参拝。

06_20100818223219.jpg

 “外宮”は豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る豊受大神宮(とようけだいじんぐう)。衣食住の守り神だそうです。

 
 次は“内宮(ないくう)”

07_20100818223307.jpg

 “内宮”は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る皇大神宮(こうたいじんぐう)。“外宮”と“内宮”は5キロぐらい離れています。それぞれの駐車場は無料なので助かります。


 “式年遷宮”(正殿を含む建物の建替えと引越し)という、社殿を造り替える20年に一度の大祭があるそうですが、平成25年には「第62回式年遷宮」が行われ、それに向けて、平成17年から諸祭・行事が始まっているそうです。


 この“宇治橋”も昨年新しくされ、古式にのっとり“渡り始め”という行事が行われたようです。まだ強い木の香りがしました。

08_20100818223306.jpg

 “五十鈴川と御手洗場(みたらし)”。ここで手と口を清め、御正殿を参拝します。

      09_20100818231608.jpg

 “御正殿”。

      10_20100818231607.jpg

 実際には、“外宮”も“内宮”も正殿以外に沢山のお宮があります。昔は、何日もかけて伊勢まで来て、ゆっくり時間をかけてお参りをしたのでしょう。“お伊勢参りブーム”も江戸時代にはあったようで、今風に言うと、憧れのテーマパークだったのではないでしょうか。

 “式年遷宮”の予定地もありました。

11_20100818223305.jpg

 
 ニワトリが沢山歩き回ってます。

12_20100818223305.jpg

 伊勢神宮では、ニワトリは神様の使いなのだそうです。“暁を告げ闇を払う鳥”。太陽に関係した霊鳥として尊ばれていたのです。“内宮”に祀られているのは、“天照大神”、太陽神というわけです。

 カミさんと長女は鳥が大っ嫌い!“霊鳥”を見るなり、あっという間に逃げていきました。

 つづく。

 
最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



伊勢神宮参宮公式ガイドブック (講談社MOOK)伊勢神宮参宮公式ガイドブック (講談社MOOK)
(2010/05/28)
講談社

商品詳細を見る

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!