昭和な町

北海道、岩見沢 美唄
09 /24 2016
美唄は焼き鳥が名物とのことでした。食べてないけど。

地図で検索すると焼き鳥屋が集中している場所があったので、はは〜ん、この辺が美唄の繁華街なんだな。と思ってその場所まで行ってみました。

するとそこには、時間の流れが止まったような小さな飲み屋街がありました。

IMGP2752 (540x405)

まるで昭和をコンセプトにしたテーマパーク!!

飲み屋街の規模はこの見えてる範囲で全てです。
この中に焼き鳥屋があったり、スナックがたくさん入った雑居ビル(?)があったりしました。

IMGP2762 (540x405)

当然ふらりとやって来た僕には入る勇気はありません(笑)

したがって焼き鳥にはありつけませんでしたが、タイムスリップしたかの様な錯覚を楽しむ事が出来ました。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 
スポンサーサイト

夕景 その4 美唄の2 宮島沼

北海道、岩見沢 美唄
09 /12 2016
仕事終わりで急いで宮島沼へ。あぁ〜、日が沈んじゃうよ〜。

IMGP2864_20160908013959c30.jpg


ギリギリ間に合った〜。太陽は完全に沈みましたがわずかに残光が空を染めています。

IMGP2871.jpg

美唄と言えば宮島沼。マガンの国内最北の中継地だそうです。

時季外れだから水鳥一切見当たらず。
春のピーク時にはマガンが7万羽いるそうです。一斉に飛び立つ光景は圧巻だとか。

是非見てみたいですね〜。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 



夕景 その3 美唄の1 燃えるような空を見ていた

北海道、岩見沢 美唄
09 /11 2016
北海道は美唄(びばい)市。札幌と旭川の間ぐらいにある街で見た夕日。

IMGP2706.jpg



IMGP2721.jpg


金色からオレンジ、オレンジから赤へと時間軸の上をグラデーションして行く様をずっと眺めていました。


……


そのお陰でスーパーが閉まっちゃった…(コアビバイの営業は19時までです。)


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 



北海道 岩見沢 岩見沢駅

北海道、岩見沢 美唄
10 /06 2010
 北海道の岩見沢に宿泊したので、岩見沢駅を散歩して来ました。

01_20101005002656.jpg

 岩見沢駅は札幌から快速で30分ちょいの距離になります。

 2000年に漏電により旧駅舎が焼失してしまったそうで、現在の駅舎は、JRグループでは全国初の試みとなる一般公募型コンペで採用されたデザインを用い、2009年に全面開業したそうです。この年のグッドデザイン賞大賞を受賞しています。

02_20101005002655.jpg

 メインは改札や、色々な施設も入った南口ですが ↑  ↑

 僕が独特の雰囲気にいいなぁ~、と思ったのは、北口です。

03_20101005002655.jpg

 北口には、ホームの上を越える自由通路を利用して行く事が出来ます。

04_20101005002654.jpg

 大きなガラスの窓が額縁みたいです。

05_20101005002653.jpg

 窓枠の入ったものも、マルチビジョンみたいで好きです。

06_20101005002653.jpg

 岩見沢駅のデザインの特徴とも言える窓枠には、古いレールが使われていました。

07_20101005002739.jpg

 200本以上のレールが使われているそうです。

 やはり古いレールを使ったアート作品みたいなものも、自由通路の壁に見ることが出来ました。

08_20101005002739.jpg

 北口はこんな感じです。

09_20101005002739.jpg

 北口に出て目に付いたレンガの建築物。

10_20101005002738.jpg

 かなり年季が入ったものですが、特に説明看板などは見当たりませんでした。

 あとで調べると、“旧北海道炭礦汽船鉄道株式会社岩見沢工場材修場”で明治中期の建築物のようです。現在は“岩見沢レールセンター”として、レール加工品製造、レール溶接の技術開発が行われているようです。

11_20101005002738.jpg

 又南口に戻って、これは駅から伸びる商店街。

12_20101005002738.jpg

 この商店街も郊外型のショッピングセンターの進出によって寂れているようでした。

 この商店街の中で、“天狗まんじゅう”なるものを発見しました。

13_20101005002810.jpg

 あとで調べると、ネットでもかなり紹介されていて、ここ岩見沢では有名なお店みたいです。

 “天狗”というのも屋号がそうだったようで、それで“天狗まんじゅう”なのだそうです。

14_20101005002809.jpg

 白、茶色、ピンクと3色のおまんじゅうが売られています。

15_20101005002809.jpg

 餡子はさっぱりとしたこしあん。美味しかったですよ~!

16_20101005002809.jpg

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



五号面 天狗五号面 天狗
()
novel

商品詳細を見る

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!