FC2ブログ

会津若松 その1

福島
12 /08 2012
 “あかべぇ”は、福島県会津地方の郷土玩具、“あかべこ”がモチーフになっているマスコットキャラクター。

01_20121208210418.jpg

 その“あかべぇ”がプリントされた磐越西線(ばんえつさいせん)719系で、郡山から会津若松駅に到着。


 連結作業をちょっと見学。

02_20121208210419.jpg


 係りの人が慣れた感じで、ひょい!と引っ掛けた作業中を表す旗が気に入った。

03_20121208210419.jpg

 なんだかすっごい手作りっぽい。


 若松城に行ってみた。

04_20121208210419.jpg

 地元では“鶴ヶ城”と呼ばれるらしいけど、“鶴ヶ城”はあっちこっちにあってややこしいから、“若松城”と呼びます。

05_20121208210420.jpg

 立派な天守閣だなぁ~。


 キャラクターは“お城ボくん”!!

06_20121208210444.jpg

 カッケ―!!!

 ガンタンクみたいだ!

 刀を差してるところがイカス!! だけど右手じゃ抜けないな...


 若松城と言えば白虎隊と...

07_20121208210444.jpg

 “新島八重”。

 来年の大河ドラマ“八重の桜”は、“新島八重”の生涯を描いたものだそうですね。東北復興支援の為に、急遽舞台が福島に選ばれたそうです。

 新島八重役は綾瀬はるかさん。

 全くイメージが結び付かないんだけど、その辺も楽しみなところなのかも知れませんね。


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



485系1000番台 特急「あいづ」 “あかべぇ”塗装(2006) 6両セット マイクロエース A2886485系1000番台 特急「あいづ」 “あかべぇ”塗装(2006) 6両セット マイクロエース A2886
()
マイクロエース

商品詳細を見る

福島列車の旅 その3 飯坂温泉

福島
09 /20 2012
 福島県は飯坂温泉です。

 “飯坂温泉”は、日本武尊の東征の折に病にかかり、ここの温泉で直したという伝説が残るほど、古湯として名高い温泉地です。

 ここには9つの共同浴場があるようですが、そのひとつ、“波来湯(はこゆ)”は駅から近いところにありました。

01_20120919234232.jpg

 でもこの日はお休み。


 足湯もありました。“あ~しあわせの湯”。

02_20120919234232.jpg

 その側には“鯖湖神社”。

03_20120919234231.jpg

 ここが飯坂温泉発祥の場所なんだねぇ~。

04_20120919234231.jpg

05_20120919234231.jpg


 “お湯かけ薬師如来”。お湯かけてね。

06_20120919234231.jpg


 そしてこちらが、飯坂温泉のランドマーク、“鯖湖湯”で~す!

07_20120919234312.jpg

 もっとも古い共同浴場だそうですが、1993年に改築されたそうです。

 日本最古の木造共同浴場ということで、その面影を残しつつの造りになっています。



 ここには、松尾芭蕉も入ったそうです。

 奥の細道には、その時のことがこんな風に書かれてるみたい。

08_20120919234312.jpg

 うひゃひゃひゃひゃ! 芭蕉さん、散々だったみたいですねぇ~(笑)


 「笑い事じゃないよ! ホント大変だったんだから~~~!!」

09_20120919234312.jpg
駅前の芭蕉さん


 残念ながら僕は温泉入らなかった。真昼間で、ものっすごく!暑かったんです。

10_20120919234312.jpg

 これで熱いので有名な温泉に入っちゃったら、出て来た途端汗びっしょりになっちゃうのが予想出来たので。

 数年前に鯖湖湯に入りましたが、中も昔のままの造りの様で、とってもいい経験が出来ましたよ~。


 他にもこんな感じの共同浴場も。

11_20120919234311.jpg

 これは渋いなぁ~~!!渋すぎる! 

 涼しい時期に来て、是非こっちに入ってみたい。

12_20120919234311.jpg

13_20120919234346.jpg


 “城跡 古舘”。公園になってます。

14_20120919234346.jpg

 1189年の合戦の後、伊達朝宗の4番目の子、伊達四郎為家が築いたものだそうです。その4代、伊賀守政信の時に飯坂氏と改称したんだって。

 それにしてもほんと~~に、暑かった!!

 水風呂があったら飛び込んでただろうなぁ~。 


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



おくのほそ道(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)おくのほそ道(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
(2001/07)
角川書店

商品詳細を見る



速水もこみち「Hang out in NY」 [DVD]速水もこみち「Hang out in NY」 [DVD]
(2007/12/21)
速水もこみち

商品詳細を見る

福島列車の旅 その2 福島→飯坂温泉

福島
09 /19 2012
 福島駅で~す! 

01_20120919223324.jpg

 ここから“飯坂温泉”に行きたいんですけど~...

 
 どっから電車乗るんだ~?




 うわっ!!



 あった! ここかぁ~。 ビルに挟まれてて分かり辛かった。

02_20120919223323.jpg

 ここはひとつのホームを、“福島交通 飯坂線”と“阿武隈急行線”が共同で使用してます。


 ホームの右側が“福島交通 飯坂線”。こっちに乗るのね。

03_20120919223323.jpg
元東急電鉄の7000系


 左側が“阿武隈急行線”。いわゆる“あぶきゅう”。宮城県の柴田町まで行ってます。

04_20120919223323.jpg

 ちなみに“ダイユーエイト”は福島市に本社を置くホームセンター。


 自転車ごと電車に乗れるんだって~!面白~~い!!やってみたい。

05_20120919223323.jpg

 ガタンゴト~ン、ガタンゴト~ン...

06_20120919223323.jpg


 はいっ!終点の“飯坂温泉駅”に着きましたよ~!

07_20120919223353.jpg


 駅の真横を流れる“摺上川(すりかみがわ)”。いい眺め。

09_20120919223352.jpg

 川上の方はこんな感じ。

       10_20120919223352.jpg

 大型の温泉ホテルや旅館が並びますが、正直寂れた感じ。

 バブルの頃は賑やかだったようですが、潰れてしまったであろうホテルなども見られます。

 
 でも川沿いに温泉宿が並ぶこんな風景は好きだなぁ~。数年前に家族で行った鬼怒川温泉を思い出しました。


 ではちょっとだけ、飯坂温泉の町をブラブラしましょうかねぇ~。


 つづく。


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



薬用入浴剤 温泉旅行 飯坂 /日本製  sangobath (番号:3 / 商品内訳:温泉旅行 飯坂)薬用入浴剤 温泉旅行 飯坂 /日本製  sangobath (番号:3 / 商品内訳:温泉旅行 飯坂)
()
DLG

商品詳細を見る

福島列車の旅 その1 いわき→福島

福島
09 /18 2012
 いわき駅から福島駅に電車で移動した、というただそれだけのお話。

01_20120815180554.jpg

 いわき駅から、“磐越東線”に乗りました。


 駅の売店で“ままどおる”をちゃんと買ってね。

02_20120815180554.jpg

 福島のお土産と言えば“ままどおる”。 めちゃうま!!

03_20120815180554.jpg

 だから電車の中で食べちゃいま~す!(笑)


 この磐越東線は、いわきと郡山を結ぶ路線ですが、“ゆうゆうあぶくまライン”という愛称があるようです。

 山間の川に沿って走ります。気持ちいい景色。

04_20120815180553.jpg

05_20120815180553.jpg


 伸び過ぎた草が電車にパサパサとタッチしたり。

06_20120815180553.jpg


 田園風景の中の、お家の屋根が気になったり。

07_20120815180626.jpg


 1時間30分、の~んびり景色を眺めてると、郡山駅に到着しました。

08_20120815180626.jpg


 ここから東北本線に乗り換えて福島駅に向いました。

09_20120815180625.jpg


 福島駅に到着。

10_20120815180625.jpg


 この日の宿は、駅前の福島ビューホテル。

       11_20120815180625.jpg


 ネットで予約したら、近くのスーパー銭湯の無料券が付いてた。

12_20120815180625.jpg


 折角なので、旅の汗を流しましょう~。 レンタルタオル付きだしね。

13_20120815180647.jpg

 福島駅のガード下にある“極楽湯”。駅から徒歩30秒。


 あぁ~~、さっぱりした!

 やっぱり広いお風呂はいいねぇ~。


 ホテルの隣り、つまり駅前に大型スーパーがありました。これは便利だ。

14_20120815180646.jpg


 さてさて、明日も電車に乗りますよ~!


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



SL日和 磐越西線物語 [DVD]SL日和 磐越西線物語 [DVD]
(2010/12/24)
不明

商品詳細を見る

平七夕まつり

福島
08 /06 2012
 ひまわりさん、ひまわりさん。あんたの顔を見てると、仕事をする気力が失せていく。

01_20120806151845.jpg
福島県いわき市で撮影したひまわりさん。

 ひまわり=夏。

 夏=夏休み。

 遊びに行きて~~~!!


 まぁ僕の場合、

 仕事≒遊び

 みたいなもんだけどねぇ~(笑)


 今日は福島県はいわき市に向かいます。 “いわき”には上野から特急で移動します。

 上野駅に“寝台特急カシオペア”のモックが置いてありました。

02_20120806151845.jpg

 おぉ~~。こんな豪華な部屋があるのか~。ホテルみたい。

03_20120806151845.jpg

 この“カシオペア”は数日後に決行するであろう旅の伏線になってたりします。


 “いわき”へはこの“スーパーひたち”で向かいま~す。

04_20120806151845.jpg

 走り出してすぐにスカイツリーが見えました。

05_20120806151844.jpg

 スーパーひたちの座席の各肘掛には電源コンセントが付いてました。これは便利。

06_20120806151844.jpg

 東海道新幹線は窓側にしかコンセントが無いんですよねぇ~。あれはなんとかして欲しい。


 
 約2時間の列車の旅。コンセントを使ってパソコンいじってるとあっという間に“いわき駅”に到着。

 いわき駅を出ると浴衣姿の人達が沢山歩いてます。お祭りかな?

07_20120806151937.jpg

 
 これか?

       08_20120806151937.jpg

 “平七夕まつり”だって。 6日~8日の3日間やってますよ~!


 駅の側、平地区のお祭りみたいです。盛り上がってる~~!

09_20120806151937.jpg

 このお祭りの歴史は結構古く、第1回は1919年(大正8年)に行われたそうです。

 七夕まつりと言えば仙台ですが、ここの七夕まつりもやはり仙台から移植されたもののようですね。

10_20120806151936.jpg

 お祭りいいなぁ~。夏だなぁ~。僕も遊びたいなぁ~~。

 でももうすぐ僕も夏休み。今年も遊ぶぞ~~!!


 ところでこの七夕の飾りは、道路の両側の歩道から竹が伸びていて支えてます。

11_20120806151936.jpg

 歩道をみると、こんな風に竹を挿す場所があるんですね。

12_20120806151936.jpg

 仙台の七夕祭りは幼少の頃に行ったきりで殆ど記憶にありませんが、こちらの七夕祭りも、40万人くらいの人出があるそうで、かなり大きなものなんですね。
 
 今年の夏は、東北もお祭りを盛り上げて元気になって欲しいなぁ~と思いました。
 

 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



なぜ、七夕にささかざりをするの? (なぜ?どうして?たのしい行事 (たなばた))なぜ、七夕にささかざりをするの? (なぜ?どうして?たのしい行事 (たなばた))
(2001/09/01)
若山 甲介

商品詳細を見る

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!