FC2ブログ

京都府 伏見 その1 太陽光発電パネル 

京都
03 /11 2010
 せっかくの京都なのに、全然時間がとれませんでした(ガックシ)。

 仕方が無いので車窓からパチリ!

k01.jpg

 これは伏見区にある“京セラ本社ビル”です。

 僕の中で京都のイメージというと、一番にこのビルが浮かんでしまいます。京都に来ると必ず目にするのがこのビルだということと、このビルが建った時(1998年)のインパクトは忘れられないからです。

 南側の壁面に太陽光発電パネルがびっしりと付いています。屋上にも有り、全体で10kWユニットが22組設置されているそうです。全体で214kw、年間の発電容量は 18万kwになるそうです。

k02.jpg


 これが今から10年以上前に出現したのです。当時はこれが何を意味するのか分かりませんでした。ただこれから、何かが始まろうとしているなぁ~、という予感だけは、このビルから感じることが出来ました。

 この後、僕は嫌でもこのビルが意味するところを、目の当たりにすることになります。

 最初は三重県の青山高原。
 山道を延々登って行くと、突然目の前に50m級の風力発電が20基出現し、度肝を抜かれました。50mのプロペラがガンガン回っている姿を初めて目の前にして、その迫力に唖然としたのを憶えています。
 これははじめから、風力発電設備を撮影するために向ったのですが、まさかこんなことになっていようとは、思っていなかったのです。インターネットも今ほどには環境が整ってはいませんでしたし、事前の情報は乏しいものでした。

 それからしばらくは、各地で風力発電の撮影ばかりしていた時がありました。

20070623194.jpg
秋田県の風力発電施設

 それから10年。環境問題は一気にクローズアップされ、京都議定書なんかもあって、今では小学生まで“環境問題”という単語を口にする時代になりました。

 今思えば、この“京セラ本社ビル”の出現が、僕にとっては“環境問題”を意識する、最初のきっかけになっていたのです。

20070623201.jpg
同じく秋田県で撮影


最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。
ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト



たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!