FC2ブログ

大阪府 龍馬伝その1 八軒屋浜船着場

大阪
03 /14 2010
 ブク...  ブクブク... ブクブク...

 バシャ~ン!
 (前回からの続き)

 というわけで、大阪にやって来たぜよ。

01_20100314003957.jpg

ここは“八軒屋浜”

02_20100314003956.jpg

 江戸時代に八軒の船宿などが並んでいたので、“八軒家浜”と言ったそうです。
 京都と大阪を“三十石船”が往来し、淀川舟運の要衝でした。

 “龍馬”もここから京都、伏見の“寺田屋”へ向かったのです

04_20100314003956.jpg

 大阪府の“水都大阪”事業の一環なのでしょうか?きれいな説明の看板がありました。

03_20100314003956.jpg

 “道沿いには旅籠や問屋が並び、船着場は旅人や運送にかかわる人々、客を呼び込む人たちの喧騒に包まれていた。”とあります。当時の様子が分かる絵がプリントされています。

05_20100314003956.jpg

 この絵にもある、石の階段のようになっているのは、“雁木(がんぎ)”と言うそうです。物資の積み下ろしや人の乗り降りに便利なように工夫されているのだそうです。
三十石船は八軒屋と京・伏見の間、十一里余(45km)を上り1日、下り半日で
運行した。

06_20100314003956.jpg

 京阪電鉄天満橋駅を出るとそこが“八軒屋浜船着場”でした。

07_20100314004023.jpg

 このオシャレな建物は、2階がフレンチレストランになってたり、観光船案内所や情報発信スペースになっているようです。

08_20100314004023.jpg

09_20100314004023.jpg

 ここは現在は“大川”と言いますが、昔は“淀川”の本流だったようです。

 “坂本龍馬”の他にも、新選組など、多くの幕末の志士たちがここを利用したんでしょうねぇ。
 鳥羽伏見の戦いの時は、慶喜がここから舟で逃亡したとも言われているそうです。
 
12_20100314004023.jpg

 現在は、こんな観光船の船着場としてちゃんと機能しているようでした。

本日もありがとうございました。
ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト



たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!