岐阜県 多治見市 たじみ創造館

岐阜
04 /30 2010
 こんにちは~!“うながっぱ”で~す!

01_20100418102237.jpg

 ようこそ、岐阜県多治見市へ!

 わたしは“多治見市”のマスコットキャラクター。なんで“うながっぱ”か?といいますと、うなぎのお母さんがカッパのお父さんに恋をして、それで生まれたのがわたしってわけ。

 “うながっぱパッパソング”の歌詞によるとそういうことみたい。

 実際には、あのアンパンマンのやなせたかし先生がデザインしてくれて、パッパソングも先生の作詞なんだよねぇ~。

 “日本一暑い”というキーワードで、多治見の認知度を上げ、観光化に繋げようとしてるのね。

02_20100418102237.jpg

 2007年8月に、日本の観測史上最高の40.9℃をここ多治見が記録したのを憶えてるかしら?

 まぁ、何はともあれ、まずは駅にいるワタシと一緒に記念写真でもどうぞ!


 え?時間が無いですって?それは大変!

 じゃあ取り合えず駅の南側、“多治見ながせ商店街”を抜けてみて頂戴。

03_20100418102237.jpg

 この商店街の途中に、“おりべ かっぱ広場”っていうのがあるから。

04_20100418102237.jpg

 ここにはワタシのご先祖様の像があるのよ。緑の釉薬が特徴的な、“織部焼き”の像なのねぇ~。

 そう!ここ多治見や土岐市は国内陶磁器のシェア半分以上を占めると言われる焼物の産地なのよ。

 千利休の弟子だった古田織部考案の織部焼きの他にも、黄瀬戸、志野焼なんかが有名ね。

05_20100418102237.jpg

 時間が無いなら、商店街を抜けた先にある“たじみ創造館”に来て貰えば、美濃焼きに触れることが出来るわよ~。

06_20100418102237.jpg

色んなショップも入ってるんだけど、ギャラリーなんかもあって、陶磁器の地の魅力を満喫出来るわよ~。

07_20100418102326.jpg

 これはもう終わっちゃった展示会だけど、斬新な焼物アートが満載で面白かったわ~。

08_20100418102326.jpg

 みんな個性的でワタシ好みの作品ばっかりだけど、特に“かのうたかお”さんって方の作品が興味深かったわ~。

09_20100418102325.jpg

10_20100418102325.jpg

11_20100418102325.jpg

 焼物の魅力についてはその内色々書きたいけど、興味のある方は取り合えずこことか、こっちとか、この辺何かも見ていただけると嬉しいわ~。

 あぁ~、でも折角美濃焼きの地に来たのに、ゆっくり出来ないのは寂しいわねぇ~。またゆっくりいらっしゃいねぇ~。待ってるわよ~。


■たじみ創造館■
住所 : 多治見市本町5-9-1
電話 : 0572-25-2264
アクセス : 多治見駅から徒歩13分ぐらい  


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 
スポンサーサイト

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!