FC2ブログ

愛媛県 宇和島市 宇和島城と牛鬼

愛媛
06 /07 2010
 愛媛県の宇和島市に行ったら、まずは“宇和島きさいやロード”の...

01_20100606010330.jpg

 “かめや”さんで...

02_20100606010330.jpg

 “じゃこ天うどん”を食べましょう。

03_20100606010330.jpg

 “じゃこ天”とは、魚の練り物で愛媛県は南予地区の特産です。ちょっと炙っても美味しいんだよなぁ~。

ちなみに、“宇和島きさいやロード”の“きさいや”とは、こちらの方言で、「お越しください」という意味だそうです。

 愛媛県の西のハジッコ、南予地域の中心都市が宇和島市です。
 四国の愛媛県、九州の大分県に挟まれた豊後水道に面し、海上交通の重要地点として栄えて来たのだそうです。

 まさか宇和島まで来れるとは...感無量でございます。



 滞在時間は短かったので、せめてお城ぐらいは見ておかなくちゃね。

 というわけで、“宇和島城”入り口。

04_20100606010330.jpg

 ここからではまったく様子が分かりません。小山がそびえるだけです。

 小山を登って行きます。

05_20100606010329.jpg

 “宇和島城”の外郭自体は、築城の名人、“藤堂高虎”の設計だそうです。

06_20100606010329.jpg

 高虎が今治に転封の後は、伊達政宗の長男伊達秀宗が10万石で1615年に入城し、それ以降は廃藩置県まで伊達氏が治めたということです。

07_20100606010358.jpg

 この天守は、2代め宗利が1666年頃に再建したものが、2回の大修理を受けてはいますが、当時の姿をそのまま伝えているそうです。

08_20100606010358.jpg

 決して大きくはない、むしろ小さなお城ですが、小山の頂上にポツンとあるその容姿は、とても存在感がありました。


 話は変わって、宇和島と言えば、“うわじま牛鬼まつり”が有名です。

 “宇和島きさいやロード”にあった“牛鬼”のオブジェ。 

09_20100606010358.jpg

 こっちは空港にあった、お祭りのPR用の本物の山車。

10_20100606010357.jpg

 今年の“うわじま牛鬼まつり”は、7月23日、24日だそうです。

 “牛鬼”の伝説って、各地にあるんですねぇ~。場所によって容姿も性格も異なるようですが、ここ愛媛県に出没した牛鬼は顔が龍で体が鯨だったそうです。

 お祭り観てみたいですねぇ~。

11_20100606010357.jpg

 “牛鬼”について調べたらきっと面白いかもしれません。

 僕は小学生の頃、“日本昔話”というアニメ番組の夏の怪談シリーズで“牛鬼”の話をやったんですけど、ものすごく恐ろしくて、その夜恐い夢見たのをいまだに憶えています。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

スポンサーサイト



たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!