大分県別府市 高い所 その2

大分
07 /31 2010
※すいません。予約投稿を利用しております。コメント、ご訪問遅れますことをお詫び申し上げます。

○○と煙は高い所に昇る、大分県別府編その2でございます。

 今回はこちら、10号線の海側にあります、“別府タワー”

07_20100627002749.jpg

 建設から約50年、国の“登録有形文化財”に指定されております。90m。

08_20100627002748.jpg

  ちなみに、この別府タワー(1957年/90m)をはじめ、名古屋テレビ塔(1954年/180m)、大阪通天閣(1956年/103m)、さっぽろテレビ塔(1957年/147m)、東京タワー(1958年/333m)、博多ポートタワー(1964年/103m)を合わせて“タワー6兄弟”だそうでございます。

 え?何故兄弟かって?それはみんな“塔博士”と呼ばれる内藤多仲早大名誉教授が設計したからだそうです。


 それでは早速昇ってみましょう!

09_20100627002748.jpg

 何とも殺風景な入り口。誰もいない...チケットはご自分で自販機でお買い求め下さいませ。

 展望台は17階ですが、4階までは色々お店や事務所が入っている雑居ビルみたいな感じです。

10_20100627002748.jpg

 17階に着いてエレベーターの真ん前で係りの人が待ってました。あ~よかった...。

 下で買ったチケットを渡して見学します。


 10号線の南側を向いた感じ。

11-tiltshift.jpg

 大分市の方向です。

12_20100627002747.jpg

 こっちは北方向。右側に海が見えます。この辺の海岸では“砂風呂”を体験出来ます。

13_20100627003553.jpg

 西側、別府駅方向を見ますと、前回紹介したビーコンプラザの“グローバルタワー”が霧の中に見えました。

14_20100627003553.jpg

 この展望室の窓の外には、クモが沢山いたんですけど、何でこんな高い所にいるんでしょう?

15_20100627003553.jpg

 「お母さん、僕下の世界に降りてみたいんだけど。」

 「クモ男ちゃん!何言ってるの。下界は恐いのよ。今まで下界に降りて行って、帰って来たクモはいないわ...。」

 「お母さん、僕思うんだけど、それって下界の方が食べ物効率よく捕れたからじゃないの?」

 「....」


 50年の歴史を所々で感じました...。

P6260154.jpg

 このタワーも、時代の移り変わり、別府の町の発展を、自分は変わることなく、じっと見つめてきたんでしょうねぇ。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



にっぽんタワーめぐり (イカロス・ムック)にっぽんタワーめぐり (イカロス・ムック)
(2010/02/25)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!