FC2ブログ

家族

鹿児島
08 /02 2012
 先日母方のおばあちゃんが亡くなりまして、鹿児島へ行って来ましたが、その時のお話。

 
 母は数ヶ月前から、寝たきりになってしまったおばあちゃんの介護の為現地に行っておりましたが、木曜日の午前中におばあちゃんが亡くなり、僕が連絡を貰ったのはカミさんから。その日の午後のことでした。

 僕の父も、7月後半、そろそろかもしれないということで、いつでも動けるようにはしていたそうですが、この日は運悪く携帯を家に忘れたまま仕事に出ていたので、全く連絡がつかず、親族一同電話をかけまくり、やきもきしていました。

 父から僕に連絡が入ったのは夜の10時頃。

 お通夜が翌日(金曜日)の夕方18時からだと連絡を受けたので、僕は朝一番の飛行機を予約済みでした。
 父と連絡が取れれば、相談して、と思っていたのですが、父と連絡が取れなかったので、こんな時ですが一日前にチケットを取れば値段が全然違うので、諦めて先にカミさんに頼んで取っておいて貰ったのです。


 やっと連絡が取れた父にそのことを告げると、自分も同じ便で行きたいと言うので、電話をしながらカミさんにネットで空席状況を確認してもらい、その場で予約。
 電話を切ってからコンビニに行ってお金を払い予約完了。
(携帯を家に忘れた父の性で、こんなに前置きが長くなってしまった!!)

 僕も仕事先で連絡を受けたので、電話でカミさんにあれこれお願いして準備して貰いました。カミさんにはホントに感謝しております。


 父とは羽田空港に朝6時に待ち合わせました。

01_20120802071921.jpg

 今回使用したのは“ソラシドエア”(スカイネットアジア航空)。

 この夏休み時期、JALやANAなど大手航空会社は、特割(前日までに購入すると割引になる)や往復割引の設定が無い為、鹿児島までの片道の運賃が4万円以上します。
 それがこの“ソラシドエア”や、“スカイマーク”といった航空会社を利用し、前日までに購入すると2万3千~6千円で済みます。

 こんな時ですが、出張で慣れているのでそういうことはパッと思い付いちゃう。


 父も鹿児島へは何度か飛行機で行っていますが、普段は寝ていることが多いようで、地上の景色を説明すると興味深く窓の外を眺めておりました。

02_20120802071920.jpg

 母が鹿児島へ行ってから、僕も実家に顔を出していなかったので、父とは積もる話もあり、また葬儀のことや今後のことについてあれこれ話しながら鹿児島到着まで過ごしました。

 途中ドリンクのサービスの時、「本日は“あごだしスープ”をご用意しています。」というアナウンスに、「え?何スープだって?」という父に、“あご”とはトビウオのことで、それでとった出汁を“あごだし”って行って、九州ではポピュラーなんだよ~、って教えてあげたり(笑)


 
 現地に到着し、父と一台ずつ、計2台の1300CCクラスのレンタカーを借りて、鹿児島空港からさほど遠くない、母と叔父、祖父の待つおばあちゃんの家に向いました。
 8人乗り一台借りるより小回りが利くと考えたからです。ちなみに、叔父さんも母も免許を持っていません。


 僕の弟は仕事の都合で石川県経由で来たのでその日の夜中に鹿児島中央駅に到着し、迎えに行きました。


 
 お通夜、告別式と無事に終わり、僕と父と弟は、この日は近所のビジネスホテルに宿泊することにしました。


 ホテルに向う前に温泉に寄りました。

03_20120802071920.jpg

 この辺はさすが桜島を有する火山地帯。温泉だらけなんです。

04_20120802071920.jpg


 関東ではあまり馴染みがない、“家族風呂”というのを沢山見かけます。

05_20120802071920.jpg

 ここの温泉にもそういう部屋が沢山ありました。さすがに父と弟と3人では入りませんでしたけどね(笑)

 普通の露天風呂付きの大浴場で汗を流しました。


 翌日(日曜日)、おばあちゃんの家に行き、久々に父、母、弟、そして僕の4人家族だけで色々な話をする時間が持てました。
 まぁ、話す内容は、自分達の子供のこと、つまり父母からしたら孫のことばかりでしたが。


 お昼にはおじいちゃんと母に別れを告げ、叔父さんと近くのお蕎麦屋さんへ行きました。

06_20120802071920.jpg

 この辺はファミレスのようなものが少なく、こういったお蕎麦屋さんがその役目を担います。

07_20120802071940.jpg

 叔父さんとはここで別れ、僕と父と弟は空港に向かいました。


 今回は遠方なのもあり、僕の家族を連れてくることは叶いませんでしたので、父、母、弟と久々に家族水入らずでちょっとの間でしたが過ごすことが出来ました。
 
 僕も弟も、関東に帰ればそれぞれに家族があり、それぞれに背負うものがあります。母はまだおじいちゃんが心配で帰れず、父は当分一人暮らしです。
 僕も子供たちの成長に伴って、生活環境の変化を少しずつ感じています。

 年齢と共に環境は変化していきますが、家族の大切さを、おばあちゃんの葬儀を通して感じることが出来た数日間でした。


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



GULLIVER/hogan 1/400 B737-800 Solaseed JA802XGULLIVER/hogan 1/400 B737-800 Solaseed JA802X
()
ガリバー

商品詳細を見る
スポンサーサイト



たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!