FC2ブログ

東京駅と僕 その1

東京
11 /15 2012
 僕にとっての東京駅は、乗換駅でしかない。
 しかも西に行く時は、品川から新幹線に乗るので、主に東に行く時だけの利用となる。

 乗換時は忙しいのでのんびり構内散策なんてしてる場合じゃないし、とにかく何でも高いので構内で食事や買い物をすることは絶対無い。買うとしても売店でゆで卵ぐらいかな?(笑)


 だから東京駅の復元工事で盛り上げようとする様は、ちょっと???な感じでした。

01.png

 復元工事の費用、500億円は“空中権”を売る、という手品みたいな方法で捻出したんですね。つまり、たかだか3階建ての東京駅は、それ以上高くすることが無い為、その空いている空中を土地と同じように見立てて、売ることが出来るというもの。
 東京駅周辺のビルは、その権利を買うことで容積率以上の高層化を実現してるみたいです。

02.png

 なんでそんな手品みたいな方法を用いてまで復元工事をしたのか。

 もちろん理由は色々とありますが、“利用客の減少”というのが実は大きな理由のひとつなんじゃないかと思います。
 何とかして東京駅に人を集め、鉄道だけではなく、構内の物販やサービス(ホテルとかね)でも収益を増やさなければならないというわけです。


 いつ行っても構内は凄い人でごった返していて“減少”なんて微塵も感じませんが、第一次ベビーブームのいわゆる団塊の世代が現役を引退した時点で、間違いなく“減少”しているはずなんですよね。

    03.png

 とうとう都会の鉄道屋さんも鉄道だけではやっていけない時代となったわけです。鉄道だけでは現状維持は難しい。それどころか、20年後には確実にもっと“減少”する。増加することはもう絶対にあり得ない。

 さてさて、どうしたものか...。

 これが国内の現状だと言えます。


 “東京駅と僕”というタイトルの意味は、僕の世代が何なのか?を話したかったから。
 
 その辺は次回に...。


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



LOMO フィッシュアイ2 FISHEYE2[HX525]LOMO フィッシュアイ2 FISHEYE2[HX525]
()
LOMOGRAPHY

商品詳細を見る
スポンサーサイト



たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!