FC2ブログ

傲慢な都会人の詩

東京
04 /23 2013
整然としたコンクリートの歩道も、デタラメな落書きも、僕にとっては同レベルな存在に写る。

image_20130424093021.jpg

3.11以降、そう思うようになりました。どちらも傲慢な人間の作り出した物。

でも実はみんな分かってる。だから花でも植えて心のバランスを取ろうとしてみる。

だからこの花の存在にすら気が付かないようでは、お終いだと思うのです。


それにしてもこの“落書き”が謎なんだよな〜。
何て書いてあるのか分からないし、しかも全国共通なんですよね。
北海道から沖縄まで、一見メチャクチャな様だけど“落書き”のスタイルが一緒なんです。

“落書き”なんて不良行為でアナーキーなイメージなのに、そこには共通のスタイルやルールが存在する。個性のカケラも感じられないと、“落書き”ウォッチング(笑)しながら全国を歩いてると感じます。

まぁ斜に構えてドロップアウト気取ってみても、所詮は日本人、大乗仏教気質ってことなんですかね。

それとも“落書き”によって何かを訴えたいのか。だからある共通のルールが必要なのかな?

だったら分かりやすく書くべきじゃないのかな〜。

おじさんの時代の“落書き”は、“四露死苦”とか、“○○参上!”とかとっても分かり易かったよ。


いやいやいや!僕は“落書き”したことありませんよ!ホントに。
ローセキで道路に“へのへのもへじ”は描いてたけどね。

あれも“落書き”か?(笑)


でもまぁあれですよね。“落書き”の必需品である白マジックとかスプレーって、どこにでも売ってるものじゃないから、ワザワザ“落書き”する為に買いに行くわけですよね。どんな人が“落書き”するのか知らないけど、何だかその姿を想像すると、笑えますね。

image_20130424093053.jpg

と、今日もコーヒー飲みながらグチャグチャと思考してみるのでありました...。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!