しょうもない“おじさん”達が、テレビでもっともらしく喋っている...。無知なのか?それとも惚けているのか?

日記
03 /17 2017
自分じゃそうでもないと思っていますが(笑)、僕も世の中的には立派な“おじさん”になった訳ですが、そうなってくると、意外と“大人”って大したことないんだなぁ〜と感じる今日この頃です。

それを感じるのは、例えば今話題の森友学園の問題についてテレビでコメントしている人達を観て。

とうとう菅野さん(“日本会議の研究”の著者)がテレビにバーン!と登場してしまった。
こうなったらマスコミも現政権の根本的な問題に触れないわけには行くまい。そう思って情報番組をチェックしてみたが、それに触れたのはひと番組の一人のコメンテーターのみ。しかもそれ以上掘り下げることはせず、流されて終わり。
さらに驚くのは、別の番組のコメンテーターとして出演していた政治評論家と称する白髪混じり(いい歳した、という意味)の“おじさん”は、菅野完(すがのたもつ)さんのことを「こんな人知らないし。」と発言する始末。政治評論家として現政権を語る上で、この菅野さんの著書を無視する事は出来ないはずなのに。本当に知らないんだったら、今の政治評論についても多分妄想だけで喋ってるに違いない。

現政権と森友学園の癒着があったのか無かったのか。そんな事ばかりを報道するマスコミ。しかも全部他人(菅野完さん)のネタで。
本当の問題はそこだけじゃない。

しかしこれまでの報道で、全く無関係でない事は全ての国民が気付いたと思う。
大手マスコミはちゃんと報道しない(多分報道規制か何かあるんでしょうね)けれど、森友学園の洗脳&虐待保育園と、憲法軽視、民主主義無視の現政権が目指すところは同じだと言うことも、この疑惑をきっかけに多くの国民の皆さんには気付いて欲しい。

だけどどういうわけだかテレビではそこに全く触れないんだよなぁ~。だから分かってない人がまだいっぱいいるんでしょうかね。恐ろしい世の中になったもんだ。嘘は付いていないかもしれないけれど、真実を報道しないことであたかも存在しないように思わせる...そんな方法もあるんですね。それとも実はみんな分かってて、僕は単なる少数派だったりして...

僕は何なのか?現政権に異を唱えるとすぐに左翼呼ばわりする風潮がネットでは見受けられますが、僕の立ち居地はもっと単純です。僕は二人の子供の“お父さん”なんです。ただそれだけ。
だから子供達の未来、さらにその子供達、そのまた子供達の未来を心配しているだけなのです。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!