島根県出雲市 その2 浜山公園通りで神話の復習

島根
09 /27 2012
 ♪お腹が空いたので~、スーパーに行かなくちゃ~ ...

 と、口ずさみながら島根県は出雲市のホテルを出て歩いてると、歩道沿いに石像達を発見!
 
01_20120927144801.jpg

 ここは浜山公園通り。9号線山陰道から、県立の総合運動場である浜山公園を経由し、出雲大社へと続く道です。


 「出雲大社はあっちぞなもし。」と、“スサノオノミコト”。

01スサノオノミコト

 この人はよく分からんよねぇ~。最初はここでは書けないぐらい残忍なイメージだけど、ここ出雲においては英雄的な伝説が主流になりますもんね。

 
 “ヤマタノオロチ”さんもこの人に退治されちゃう。

02ヤマタノオロチ


 でもちゃっかりしてて、退治するのを条件に“クシナダヒメ”とラブラブになっちゃう。

03クシナダヒメ


 それで子宝にも恵まれちゃう。“スセリ姫”ね。

07スセリ姫


 “スセリ姫”の旦那が“オオクニヌシノミコト”。

04オオクニヌシノミコト

 出雲大社の御祭神。

 我らが地元(東京の府中市)、“大國魂神社”の御祭神もこの方。因みに大國魂神社では今日と明日(9月27~28日)、秋季祭の栗祭開催中で~す!(地元CM(笑))


 話が逸れたけど、“スセリ姫”は“オオクニヌシノミコト”の正妻だったけど、奥さんはいっぱいいて子供もいっぱいいたらしい。
 まぁ、人口増やさなくちゃいけないからしょうがない。頑張ったね!

 お陰で今では縁結びの神様です。


 “オオクニヌシノミコト”登場のお話で有名なのが、“因幡の白兎”。

 「シャー!!痛って~~~!!皮むかれてヒリヒリだぜ~~!!」

06いなばの白うさぎ

 「でも“オオクニヌシノミコト”のお陰でちょっと楽になったぜ...。」


 ウサギに腹立って皮をむしっちゃった“ワニザメ”君。山陰ではサメのことをワニと言ったりするようです。

05ワニザメ

 ここの話は“オオクニヌシノミコト”が皮をむかれたウサギに、「海水かけたら治るよ~。」と嘘を教えた兄達を差し置いて国を治める過程として必要なシーンだったと思うけど、何だか忘れちゃった。

 それぐらい、ここのシーンだけが有名な気がします(笑)

 
 で、スーパーが見えて来た。

08_20120927144829.jpg


 スーパーで何を買ったかはこちらをどうぞ。


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



マンガ古事記 上巻マンガ古事記 上巻
(2009/06/22)
奈良 毅

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

かわいいですね^^

石像を見ながら この歩道を歩く親子を想像しました。
そんな楽しかった思い出を持つ子どもなら
きっと優しい大人に育つだろうなぁ

K-tookoさん、こんばんは!

いいですねぇ~そういうの!!

いつも一緒に歩くいつもの道。
中学になり、高校生になり、すっかり忘れてしまうんだけど、大人になって見つける幼い日の記憶。

そうかぁ~。そう考えるとこういうものってとっても必要なものに思えて来ました!

そして、僕は子供達に何かそんなささやかな記憶を残せただろうか?なんて考えちゃいました(笑)

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!