富山県高岡市 その5 高岡古城公園 その1

富山
11 /08 2012
 何だか、高岡銅像巡りみたいになってきちゃったので、これも載せちゃお~!


 ♪ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む~♪

01_20121108234722.jpg

 “夕日”の作曲者、“室崎琴月(むろさき きんげつ)”さんは高岡のご出身。

 楽譜を彫り込んだ碑もありました。

02_20121108234722.jpg

 浴衣かわいい~~!


 そして“高岡古城公園”までやって来ました。

03_20121108234722.jpg

 駐春橋から敷地内に入ります。

04_20121108234722.jpg

 射水神社(いみずじんじゃ)。

05_20121108234722.jpg

 石垣など、遺構も見ることが出来ました。

06_20121108234721.jpg

 そして“本丸広場”。ひっろ~~~い!!

07_20121108234748.jpg

 この広場の周りには沢山の銅像が設置されてるんですよ~!

08_20121108234748.jpg

 この“本丸広場”を中心に、敷地内には18体の代表的彫刻家の作品があるそうな。“芸術の森”という別名もあります。


 さて、ここまで銅像ばっかり見て来ましたが、実はここ高岡は“銅器の町”だったんですねぇ~。だから銅像がいっぱいあったのかぁ~。



 そしてあちらにいらっしゃるのが、ここ高岡城を築城した、“前田利長”公(利家の長男)の銅像です。

09_20121108234748.jpg

 “前田利長”は富山城に隠居していましたが、富山城が火事で大半を焼失した為、ここ高岡に築城しました。ただし、数年後の利長死去後、一国一城令により、すぐに廃城になってしまったようです。 

10_20121108234748.jpg

 それにしても、“前田利長”さん、ずい分頭が長かったんだなぁ~...。


 最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



前田利家公の極上ミニ兜前田利家公の極上ミニ兜
()
晃月人形

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

銅像が、本当に多いのですね。

>浴衣かわいい~~!

確かにかわいいですが、
なんか。銅像。ということで、
どことなく、シュールに、感じてしまいましたww

あと、
“前田利長”さんの帽子の長さを、
是非、測定してみたくなりましたww

ありがとうございました。

こんばんは♪

前田利家さんも頭が長かったようで・・(笑)
前田利長っていうと高岡では「利長くん」のイメージが強いんですが、ちゃんとした銅像もあったんですね~。
そうそう、ここは像がとにかく多いんですよね~。
動物園もあったんでしたっけ~。本当に、広い公園ですよね。

凸ぽち!

TageSPさん、おはようございます!

わははは!
確かにシュールですよね~。
これはきっと後付で、ある期間で着替えてたりするんでしょうねぇ。
この子達のファッションチェックしても面白いかもしれません。

前田利長の兜の高さは127.5cmだそうです!
戦場でこれを被ってるのは中々大変だったでしょうねぇ~(笑)


Keiさん、こんばんは!

そう言えば駅で利長くんのパネル見かけました~!
あれが利長くんなんですねぇ~。

広場には人は全くいませんでしたが、銅像はいっぱいいました(笑)
あんまりいっぱいいたから、いっぱいいるよ~っていう写真しか撮りませんでした。
1体1体いじってたら、高岡編が終わらなくなっちゃう(笑)

動物園も寄りましたよ~!!
こっちもこの時は貸し切り状態で、かなりのんびり見学出来ました。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!