歩道の躑躅を愛でながら歩く

東京
04 /10 2013
国立代々木競技場の横、線路沿いの歩道を歩いて、原宿から渋谷に向かいました。

image_20130411075744.jpg

歩道と車道を隔てるツツジの植え込みには、花の彩りが確認出来ます。

image_20130411075903.jpg

僕は毎年、桜が散るとツツジの花を気にして歩きます。

桜と同じくらい、日本人にはこんなに短な植物なのに、何故か注目度が低い気がします。

image_20130411080234.jpg

以前会社までの道程の、歩道のツツジが満開で素晴らしかったので同僚に、

「ツツジが満開で綺麗だったね〜。」

って言ったら、

「え!?そんなの何処に咲いてた??」

という反応にゾッとした経験があります。

image_20130411080304.jpg

“忙しい”とは、“心を亡くす”と書きます。

その日その時間、確かに存在していたんだろうけど、先の事ばかりに気を取られ、記憶が抜け落ちてしまっている。とかく現代人はそんな生活を送りがちなのかもしれません。

ある程度はしょうがないけど、それがず〜〜っと続くのは大変危険な状態ではないかと思うのです。

だから僕は、どんなに“忙しい”時でも、一日に一回でもいいから、空を見上げてその日の天気を噛み締め、歩道のツツジに目を向けるように努めています。


え?
あんたの場合は、もうちょっと仕事に集中しろよ!って?


ふふふ...

バレたか(笑)


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!