屋島のお尻

香川
05 /08 2013
高松のランドマーク的な存在と言えるであろう“屋島”は、 源平の古戦場として史跡が多く残されている事で有名だそうです。

お尻(笑)側からの写真は、ひねくれている訳ではなくて、オーソドックスな“屋島”の姿を撮り損なっただけ(笑)

00_20130509055936.jpg

でもここからの屋島を含めた風景は気に入りました。
展望台でも何でもない、住宅の密集する高台からの眺め。こんな場所を見つけられるのは、観光ではなく、出張で来てる人間の特権かも知れません。

その代わり、定番の高松シンボルタワーから景色を眺めたり、っていうのが出来ない。そこは残念...。

名前の通り、元々は島でしたが、江戸時代の新田開発以降、海峡が埋め立てられた為に陸続きとなりました。

機会があれば、屋島の上から、高松の街の夜景を観賞してみたいものです。



最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

>名前の通り、元々は島でしたが、江戸時代の新田開発以降、海峡が埋め立てられた為に陸続きとなりました。

なるほど。
屋島は、wikipediaに、山とあるのに、
「島」なので、不思議に感じましたが、
そういう理由があったのですね。

そして、
形が面白い山だと感じました。

こういうのを見ていると、
完全な島だった頃も、見てみたくなりますし。

その昔の人は、
こういう住宅地が広がるとは、
考えもしなかったことと感じます。

平和に町並みが一番ですね。

ありがとうございました。

TageSPさん、こんにちは!

オーソドックスな屋島の写真がなくてすいません(汗)

でもWikipediaをご覧になってくれたのであれば、その特異な容姿はお分かりいただけたと思います。
遠くから見ると、確かに海上にある島みたいに感じますが、実際には車で山上の展望台まで行けちゃうみたいです。

後日知ったんですけど、屋島自体にも観光スポットや名物があるみたいなので、次回チャンスがあったら周って見たいものだと思いました。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!