アカギレの治し方

日記
01 /07 2014
過去の記事から推測すると、4年前から昨年まで、冬になると指先のアカギレに悩まされていました。

殆どの指に絆創膏を巻き、皮膚科にも何度か行って薬を貰ったりしました。
でも一行に良くなる気配はありませんでした。

指先が割れる事で冬の到来を感じて来ました。

もう痛くて痛くて、物に触るのがメンドーになるほど。


それがなんと!今年の冬は全くその気配が無いのです!!

201401080819371c5.jpg

歩きながら撮ったからブレブレの写真だけど、綺麗なもんでしょ〜?

というか、これが普通だったのか〜(笑)


さすがにこの年齢になると、何が原因なのか分かってきます。

僕はこれまでにも皮膚に関する病気を何回かやっています。
帯状疱疹、原因不明の蕁麻疹、十円禿...。


どれも病名は分かっても原因は分かりません。
何故なら“病気”とは、“気”から来るものだからです。実はお医者さんでは分からない。

つまり僕の場合はストレスが、皮膚に現れるというわけです。


そこまで分かれば、“指”の場合も思い当たる節が出てきます。



指先を使う作業の時、人を責める気持ちを起こすのが習慣化していたようです。

そこで1年前から気持ちを変えてみました。

するとこの通り!!というわけです。


まぁ結局、僕の場合は構造が単純なんでしょうねぇ~(笑)
潜在意識まで自らコントロールすることは中々難しいですし、もっと複雑な問題を抱えている人は、複雑で重大な病気として現れてくるのだと思います。


それからもうひとつ。

指先のアカギレは全くありませんが、手の甲側の指の付け根の部分が固くなっていて、少しアカギレになっていましたが、そこは“オロナインH軟膏”を塗ったら一日で傷が塞がりました(笑)
カサついた手の表面も綺麗になりました。


いくつかの皮膚科に通い、何種類かの薬を貰ったけど一向に改善されなかったのがウソみたいです。

薬と言ったら、オロナインH軟膏、正露丸、バファリン。

この原点に帰ることが僕には必要だったようです。


そして何よりも精神的に健康であること。その為には人を責めたりひがんだりせず、“調和”しなければいけない。

このことを念頭に、今年一年やって行きたいなぁ~、と思っております。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
 ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

明けましておめでとうございます

「病は気から」とはホントによくいうたもんですね。
気の持ちようひとつで体調はぜんぜん違ったものになる。
多くの人は経験的に知ってるはずやのに、
なかなか気持ちをコントロールするのが難しい。
それで、ついつい病院や薬に頼ってしまうんでしょうね。

僕もたびぱぱさんを見習って心が健康な一年にしたいです。
今年もよろしくお願いします!

こんばんわ^^

「その為には人を責めたりひがんだりせず、“調和”しなければいけない。」

私のも思いあたることが・・・
気づかせていただいいて
ありがとうございます。

ご無沙汰してます^^

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです(^^)ノ

私も、「その為には人を責めたりひがんだりせず、“調和”しなければいけない。」
と、心に言い聞かせて、今年一年がんばります。

今年も仲良くしてやってください(^^)ノ

No title

すごい! 指のアカギレを”気”で治す!!
という 発想!でも 僻んだりする マイナス思考って 身体に悪いっていうのが 分かって
私も 明日からもっともっと プラス思考で 行きたいと思いました。

気持ち

アカギレ治ってよかったですね!
私もどちらかというと皮膚に疾患が出やすい体質です。
私もストレスやマイナス思考が原因なのかもしれません。
プラス思考で前向きに生きていこうと思います。

そう!オロナインは偉大ですよね!
うちも常備薬です。ニキビも擦り傷もとりあえずこれ!

なかゆくいさん、おはようございます~!

お返事遅くなっちゃってすいません~~(汗)

> 「病は気から」とはホントによくいうたもんですね。
そうなんですよねぇ~~。
昔の人は良く知ってたんだなぁ~って思います。
そしてそれは現代になってもちっとも変わってないんですよね。
“医学の進歩”という妄想に、逆に盲目になってしまう部分があると思います。
医学は病巣部を切り取るとか、その方法の簡略化とか、そういう部分は進歩しましたが、病気の根本的な要因までは治療することは出来ないし、これは多分1千年経っても進歩することはないと思います。

僕も偉そうなことを言っても、実はつまらないことにイライラしてしまう、修行の足りない人間なので、本でも読んで、心穏やかな人間に少しでも近付けたら、と思っています。

K-tooko さん、おはようございます~!

> 人を責めたりひがんだり

人間誰しもこの感情は中々捨てられないと思うんです。正直な話(笑)

この世に平和主義者じゃない人なんていないと思うんです。
最終目標は人間ならば一緒なんだと思います。

ただし...

あいつだけは許せない!あいつだけは間違っている!あいつをなんとかしたい!

という感情はあるんですよねぇ~(笑)

そういう人や事と、“調和”するのは中々大変。

まだまだ修行半ばの小童の途中経過はこんな感じです。

akiさん、おはようございます~!

いつも中々ご訪問、コメント出来なくてすいませ~ん!!
今年は頑張りますので、よろしくお願いします~!

偉そうなことを自分で言ってますが、僕自身が一番言い聞かせて頑張ります~(笑)

“調和”するのって中々難しいんですよねぇ~。

まだまだ修行途中の若造の戯言でございました。

めるねぇさん、おはようございます~!

僕の場合は、皮膚に出るので、その原因も分かり易いんだろうと思うんです。
そして病気になっても悲観せず、逆に悪い心の現われだと考え、それを改善するきっかけになると喜ぶようにしています(笑)

これが僕のプラス思考。

実はホントに悪いことなんてこの世の中にはそんなにないんですよね。

お互いプラス思考で頑張りましょう~!

カイリさん、おはようございます~!

近所に凄い皮膚科の先生がいるんですけど、何が凄いって、その精神的な要因というのを良く知ってるんです。

例えば子供が蕁麻疹になると、ぱっと見るなりお母さんに向かって、
「お母さん、最近何かありましたかぁ~~?」って聞くんだそうです。

すると、子供にストレスがかかるような要因が分かってくる。例えば最近帰りが遅くて、留守番ばかりさせていたとか。そしてそれが根本的な原因なんだと。親が説教されちゃったりね。

偉いお医者さんはみんな知ってるんですよね。

病気=病は気から ってこと。


疾患が出てしまっても、プラスにとらえることが出来たら完璧だと思います。

あぁ~、何かストレスの現われだから、それを改善すればいいんだなぁ~って。病気に感謝、調和することが出来れば、改善に向かっていくと思います。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!