ホテルの評価基準

日記
02 /24 2014
ビジネスホテルは基本的に安いのであまり贅沢は言えませんが、それでも毎週の様に利用していると、ビジネスホテルライフを快適に過ごす為の拘りポイントは幾つか出てきます。


そのひとつがこれ ↓ ↓

IMGP4518.jpg

バスルームの蛇口です。このタイプは70点!!

お湯と水の量を調節して、真ん中の栓を捻ることで、蛇口から出すのかシャワーから出すのか選択出来ますが、ポイントは“止める”という選択肢がある事。
この“止める”が無いタイプの場合は、折角調節したお湯と水の栓をそれぞれ閉めなければなりません。体や頭を洗っている時にそれはメンドくさい。そうすると洗っている間、罪悪感を抱きながらお湯を出しっ放しにしてしまう。精神衛生上もよろしくないのです。

更に、お湯の栓と水の栓をひとつにまとめた、温度調節が出来るタイプが存在しますが、それが付いてると85点ぐらいまでいきます。

では100点満点はどこで決まるのか?

それは水圧です。
水圧が強きゃ強いほどいい!!
だって弱いとイライラするでしょ?

残念な事に水圧が恐ろしく弱いホテルが結構多い。そんなホテルに当たってしまった時は、宿泊期間中ずっとブルーです。もう二度と泊まらない!と決意します。

あともう一つあった!
温度の安定感。蛇口でちゃんと調整したのに、シャワーにすると全然変わっちゃう時がある。そんな時もブルー…。


枕が選べるだとか、部屋が無駄に広いとかそんな事よりも、まずは蛇口が優れているか?でそのホテルの評価の殆どは決定してしまうのです。


え?
最近増えてる大浴場付きのビジネスホテルにすればいいのに、って?

もうねぇ、最近は大浴場行くのもメンドくさくなってきちゃったんですよねぇ〜(笑)




最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
 ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは♪

確かに、温度調節したまま止められる蛇口は良いですね。あんまり無い気もしますけど。
止められないと、出しっぱなしにせざるを得なくて、もったいない感じはしてしまいますよね。

大浴場付きでも、せまかったり、夜12時までだったりすると、混んでいて入る気がしなかったりしますもんね~。
面倒だからっていうのも分かる気がします。

凸ぽち!

Keiさん、おはようございます(^O^)/

そうなんですよねぇ〜。
意外にもこのタイプ無いんですよね。2割ぐらいでしょうか。

もう本当に部屋の風呂が狭い所は大浴場利用したりするんですけど。
スーパーホテルなんかは、はなからシャワーしかないですもんね。大浴場使えば?みたいな。

以前は大浴場嬉しかったんですけど、最近は部屋から出るのが面倒になっちゃいました。
部屋に入ったら、とにかくグダ〜っとしてたいんです(笑)

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!