ガリガリ君に学ぶ その2

日記
05 /22 2014
前回ガリガリ君をかじりながら、これからの世の中、新しい事を常にやっていかないと継続する事は益々難しくなって行くんだろうなぁ〜、という思いに至りました。

ただ、新しい事を生み出すのって本当に大変。ガリガリ君も苦労と失敗の連続だった事でしょう。でもチャレンジによる失敗は実は失敗ではない。という事も、ガリガリ君から学ぶ事が出来ます。

では“新しい事”ってなんなのか?


話は変わって、最近CMでも同じみの新しいテレビ方式、“4K”というのがありますが、

20140523081533ac7.jpg

我が家のカミさんはCMを観ながら…

「何だ“4K”って?“危険、汚い、キツイ…”と更にもう一個!?」

と言っておりました。


“4K”とは簡単に言ってしまうとハイビジョンの画質を更に倍にしたものですが、では“4K”は“新しい物”なのか?

答えは、「ブッブー!!」です。

そもそも“ハイビジョン”という発想自体がお粗末なものなのです。
テレビが白黒からカラーになった程のインパクト(必要性)は無いですからね。地上波のデジタル化というのも、消費者にとっては迷惑なだけの代物でしかありませんでした。


我が家ではカミさんも子供も、多分テレビよりもパソコンでYouTubeを観ている時間の方が長いんじゃないかなぁ〜?
画質ばっかり上げたってね、テレビ離れはドンドン進んでるし、何よりも高齢化で視聴者の視力がガンガン下がってますからね〜(笑)

つまり“新しい発想”とは、今まで積み上げて来たものを一回全否定してしまうぐらいの、違う次元のものを見つけ出す事なのです。
ちょっと綺麗だとか、ちょっと明るくなっただとか、デカくしたとか、そんな事はどーーでもいい事なのです。

まぁ、そうは分かっていても中々難しいですよね。日本のメーカーだってバカじゃないから分かっちゃいるけど、どうしようもないわけです。ハッ!?っと気付けば日本人自身が日本製品を使ってないという、恐ろしい時代になりました。

中々難しい、どうしょうもない…
でもやらなきゃならない。じゃないと継続は無理。
(薬とかに頼っちゃうのはもっとダメ…)

そんな厳しい時代なんだと、今日もガリガリ君をかじりながら考えるのでした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
   ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!