芸術の秋 その1 中学3年生の場合

家族
10 /31 2014
今年も長女ちゃんの通う中学校の合唱コンクールが行われました。

20141031082427675.jpg

平日だけど休みを取って観に行きました。ちょっと早めに行ってランチしてるであろう奥様方の席を幾つか押さえました。

長女ちゃんは今年もピアノを担当。受験勉強の傍ら頑張って練習していた様で、上手に弾けました。

各クラス、練習の成果=クラスの団結力 みたいなのが垣間見れて面白かった。
2年生の頃は一部荒れてる子、それに引きずられちゃう子がいたりしてグラグラしてた様だけど、3年生になったらピタリと収まり、みんなが受験に向けてまとまってる感じかな?

しかし伴奏という大役を果たした長女ちゃんは、受験の方は大丈夫なんだろうか?
今も横でバラエティ番組観ながら、ゲッラゲラ笑ってるけど…


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お姉ちゃんの学校の合唱祭だったんですね。
受験勉強の中、ピアノの伴奏。
頑張りましたね~。
中学3年生ってやっぱりいろいろ考える時期なんでしょうかね。
自分はどうだったけ??
うん!やっぱりゲラゲラとTVを見ていて、母ににらまれていたかも(汗)

おこりんぼ母ちゃんさん、おはようございます(^O^)/

反抗は甘えの裏返し、だと思うのですが、中学2年生の不安定な精神状態、つまり反抗期は子供の最後のあがきなのかもなぁ〜、なんて思いました。
中学3年生になり受験を目前にするとそうはいかない。いくらあがいても自分の責任で何とかしないといけないことを知る。大人への第一歩でしょうか。

そんな中学3年生の合唱は落ち着いていて、どのクラスもまとまっていました。
責任感、自主性、そんなものが垣間見れたコンクールでした。

青春時代

多感なお年頃に、ピアノの練習頑張って、立派に本番を務めて、すばらしい長女ちゃん!
あら?クラス構成、女子よりも男子がちょっと多いのね。
青春の一ページといった感じで甘酸っぱいわ~。
というか、私は合唱コンクールなんてもう遠い記憶の彼方だわ~。

カイリさん、おはようございます(^O^)/

長女もそんなに熱心にピアノをやって来たわけではなく、まあ一応弾けるってレベルなんですけど、好きこそ物の上手なれって感じですかね。
でも一番は、“やりたい!”という自主性を褒めてあげたいと思います。

3年生になってクラスもまとまり、入賞出来なかったけど悔しくてクラス皆で泣いたりして、とても充実した合唱コンクールだったようですよ。
まさに青春の1ページですね。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!