はりまや橋 何やっとんだ、純真〜!!(←しかも坊さん)

高知
07 /03 2015
よさこい節は色んなバージョンがある様ですが、その中でもここ、はりまや橋から始まる純真とお馬の悲恋の物語バージョンが有名です。

IMGP9288 (540x405)

37歳の純真が17歳の美少女お馬に恋をして、色々あって駆け落ちして…って物語ですが、何が悲恋って引き離されたお馬は家庭を持って幸せになっちゃって、純真の方は未練タラタラみたいな状景が、なんとも憐れでならない。
やっぱり男ってバカよねぇ〜〜、と女子会で結論付けられそうな話だ。(この話を知らなくて興味を持った方は調べてみてくださいませ(笑))

IMGP9284 (540x405)

高知の観光名所はりまや橋は、今は川があるわけでもなく、この物語の有名さから観光名所として再現された橋ですが、一応こんな風に川を模して公園みたいになってます。

IMGP9286 (540x405)

がっかり名所のひとつによく数えられますが、僕は決してそんな風に思わない(と、以前にも同じこと書いたけど)
何と言っても繁華街の入り口ですし、高知の街の作りを理解する上では重要なランドマークのひとつだと思います。

堀を挟んで存在した豪商間を結ぶ橋。そしてこの周辺には山内家の家臣の住居が集まっていた。あと商人の家系の坂本龍馬の生家があっちの方にあって〜、高知城がこっち。それでもって現代の繁華街のアーケード街がこ〜んな風にあるから〜…

って感じに、お城を中心とした街の作りと歴史が垣間見れるのです。

IMGP9289 (540x405)

あと関係ないけど、はりまや橋の交差点はチンチン電車の最高の撮影スポットですよ(≧∇≦)


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

坊さんかんざし買うを見た〜(^。^)

先日高知に行きましたが、はりまや橋は車窓から〜(^。^)。昔行った時は赤いたいこ橋っぽい感じだと思っていたのに、石の橋だった…( ̄▽ ̄)。
ちなみに、高知ではもちろん高知城満喫でした〜(^^;;。高知城に5時間滞在…(≧∇≦)。

いもこさん、高知は楽しかったですか〜?(^O^)/

うわぁ〜!!高知いいなぁ〜!めちゃめちゃ羨ましい!!
調度長女と、我が家も色々行ったけど、四国とか中国地方に行けなかったねぇ〜。って話してたところなんですよ〜。
西日本は大阪の次はいきなり鹿児島に飛んじゃってて、その間が抜けちゃってる。まぁ、贅沢な話ですけど。
だから四国の家族旅行はとっても羨ましいです!

お城に5時間!?
いもこさんちならでは、ですねぇ〜。さすがです!!
今度機会があったら旅行のお話聞かせてくださいねぇ〜(^O^)/

四国旅行は…(^^;;

今回の2泊3日の旅行も⁇ほぼお城巡りの旅行になりました(^^;;。
松山城→道後温泉→丸亀城→高知城→牧野富太郎記念館
それぞれのお城には3〜5時間いました(≧∇≦)。丸亀城は石垣がきれいとかで、残っている建物はちっちゃな天守閣のみなのに、なぜか3時間(^^;;。
松山城からは、くるりんという観覧車が見えましたよ〜*\(^o^)/*。

いもこさん、四国を満喫されたんですねぇ〜(^O^)/

丸亀城に3時間!!((((;゚Д゚)))))))
いや〜、凄い!!うどん屋5軒ぐらい回れるじゃないですかぁ〜。

まぁ、お城は予想の範囲内だとして、牧野富太郎記念館っていうのがまた素晴らしい!
我が家じゃ絶対あり得ないコースです(≧∇≦)

松山城から見えた観覧車は松山市駅のやつですね!あれくるりんって言うんですかぁ〜。知りませんでした。

四国旅行本当羨ましいです。いつも出張の時家族を連れて来たいなぁ〜って思うんでますよね〜。
特にカミさんを高知の屋台村、ひろめ市場に連れて行きたいなぁ〜って。多分あそこなら3〜5時間はカミさん飲んでられますよ(爆)

讃岐うどんは…

せっかくうどん県香川県に行ったのに、丸亀城に時間がかかった上、高知に移動だったので、金比羅さんにも行けず、讃岐うどんも食べられず…。残念〜。
高知で牧野富太郎記念館には行ったものの、思った以上に広く、高知城で力を出し過ぎた我が息子は疲れてほとんどみてなかった…。閉館時間もせまり、駆け足で見学になってしまったので、まさに行っただけ…となりました😁😁。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!