小樽 その2 手宮洞窟 ねぇ〜ねぇ〜!お母さん見て見て〜!!

北海道、小樽
10 /16 2015
小樽駅から西に行くと“手宮洞窟保存館”があります。

IMG_3241 (540x405)

山の斜面に食い込んだような建物が印象的でした。


入場料は100円。見学スペースもこれだけです。

IMG_3245 (540x405)

手宮洞窟保存館では、その洞窟に描かれた古代の壁画を保存、公開しています。

IMG_3249 (540x405)

1866年に相模国(神奈川県)から、ニシン番屋の建設に来ていた石工の長兵衛が発見しました。その後の調査で縄文時代後期に描かれたものだろうとなったそうです。

分かりやすくするとこんな構図のようです。
IMG_3248 (540x405)


ガリガリガリ…

子供:「ねぇねぇ、お母さん見て見て〜!!」

母親:「げっ!あんた何やってんの!?そんなところに落書きしちゃって!!お父さんが帰って来たらまた怒られるわよ!大体何なのよ、その絵は!?」

子供:「え?宇宙人だよ。お家の外にいっぱいいたよ。UFOが飛んで来て〜、着陸して降りて来たんだよ。」

母親:「あんたまた馬鹿なこと言って。宇宙人なんているわけないじゃないのよ。まったく…。いいからお父さんが帰って来る前に綺麗に消しとくんだよ!( ̄Д ̄)」

そしてこの洞窟に住む一家は、数時間後宇宙人達に連れ去られてしまったのでした…。

(以上、私の新説(・ω・)ノ)


実際には、角がある人だったり仮面を被ってる様な人、杖をついてる人などが描かれているように見えるところから、シベリアなど北東アジア全域で広く見られた、シャーマン(占い師?)を描いたものではないか?と言うのが現段階での解釈となっているそうです。

IMG_3250 (540x405)

小樽駅前の長崎屋でも、手宮洞窟の壁画を模したものを見る事が出来ます。


でもやっぱり…

子供の落書きだったら楽しいけどなぁ〜(笑)

※彫っただけではなく、磨いたりとかちゃんと加工した跡がある様なのでそれは無いと思いますけどね。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!