小樽 その4 擁壁

北海道、小樽
10 /18 2015
小樽市総合博物館の向かい側に手宮洞窟があり、さらにその山の壁面沿いに煉瓦積みの壁がチラリと見えます。

IMG_3276 (540x405)

なんだ?と思って見渡してみると案内の看板がありました。

IMG_3277 (540x405)


明治45年(1912)から廃止となる昭和19年(1944)まで使われていた線路の擁壁でした。
当時はこの先に石炭積み出しのための高架桟橋線があったようです。


IMG_3275 (540x405)

いわゆる昭和遺産。北海道では特に多く見かけることがあります。

小樽の歴史の一端に触れる事が出来ました。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!