シーサイドホテルかもめ その3 川昆布

北海道、函館
11 /22 2015
ホテルを出て漁火通りを左に進むとすぐに大森橋。

IMGP0287.jpg

橋から川を覗き込むと、大きな黒い塊が何個も見えました。
最初はなんだか分からなかったけど、あれは昆布だよね。

IMGP0291.jpg

遡上する昆布(笑)


川の向こうには大森公園。サッカーでもやりたくなる広い芝生の先に建つのは昭和13年に出来た“函館大火慰霊堂”。

IMGP0299.jpg

昭和9年に函館大火がありました。繰り返し起きた大火の中でも最悪の被害を出しました。北海道ではまだ冬真っ只中の3月、多くの人が先程の川(亀田川)に飛び込んで溺死したり、大森浜に逃げて大波と炎の板鋏になり波にさらわれたり、焼死者よりも多くの溺死者、凍死者が出たそうです。

そんな歴史があった事など全く想像出来ない。
お母さんと遊びに来ている、子供達のはしゃぐ声が響く大森公園でした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

悲しい歴史

慰霊堂はいつもバスから見えてました。
とても大きな建物だとわかります。近くまでいったことないけど。
それほど函館の大火は多くの命を奪った悲惨なものだったのですね。
両方を海に囲まれた小さな土地では、ほんの小さな火が強風によって街を壊滅させるほどの大火になってしまうんですね。

この写真、ほんとに遡上してるように見えます!
自力でくねくねしてるように見えます。

カイリさん、おはようございます(^O^)/

僕も車やバスで通る度気になっていましたが、近寄ったのは今回初めてでした。
函館は火事がほんとに多かったんですね。
啄木の人生も大火によって大きく変わっていったんだと思います。

昆布のデカさにあらためて驚きました。最初何だか分からなかった(笑)

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!