熊本の中心街を歩く その3 マスコミが報道しないこと

熊本
04 /29 2016
今回で熊本編は最終回だけど…

僕はまだまだ帰りません。あと数日、ミスドで時間潰してカプセルホテルで眠る日々。

熊本に来る前、ニュースでは地震による被害のひどい部分ばかりをクローズアップして流すのをずっと観せられていました。
ニュースの特性は異常な事態を取り上げるところにあります。それにはちゃんと意味があって、それにより救援活動が迅速に進んだり、救援物資が集まったりするんだと思います。

しかし残念ながらマスコミの意味はそこまで。それ以上のことはしてくれません。
細かい情報は提供出来ないし、例えば避難所がどこにあってどんな状態なのかとか、給水ポイントや物資の提供はどこでどのようにすればいいのかとか。現地では何がどれだけ必要なのかとか。

そこからは今はネットが大いに活躍している部分があると思います。

あとちょっと話がそれるけど、今回の熊本の地震に対するマスコミの反応は、3.11以前のそれとはだいぶ違うと感じます。

何故か?

それは3.11の時に東京もかなりの揺れを感じ、混乱したからなんです。自分たちが実感して初めて大地震を認識できたからなんです。
それまでの地震報道は、はっきり言って他人事でしかなかった。

大地震だけは経験しないとその大変さが分からないんでしょうね。


マスコミは大変な被害だけをクローズアップして映し出しますが、僕は歩いた道を感じたままに書きます。

瓦がまるで屋根からふるい落とされた様な建物もありますが、歴史がありそうでしかもこれだけの瓦屋根が何でもないお寺もあります。

IMG_8953 (540x405)

と言うか、瓦が全て被害にあってるわけではなく、市内の中心街においては瓦が落ちてる家の方が珍しいぐらいです。


こうやってクローズアップすればもちろん大変な被害だけど…

IMG_8961 (540x405)


同じ場所を引いて見ると、崩れた家が一部分なのが分かります。マスコミは絶対こういう撮り方をしない。

IMG_8965 (540x405)

熊本の中心街は物凄く古い家が、鉄筋の新しい建築物に挟まれるように未だに多くあります。

そういう古い建物は崩れないまでも傾いたり被害を受けていることがあります。

そういう建物には“危険”と書かれた赤い紙が貼られていました。
因みに黄色い紙が“注意”で緑の紙が“調査済み”。

IMG_9006 (540x405)


熊本城も大変な被害を受けましたが、実際に近付いてみると無事であった石垣が殆どなのが分かります。

IMG_8988 (540x405)

凄い!!と思いました。


こんな書き方をしちゃうと、まるで熊本市内は大したことないと言ってるように聞こえてしまいますがそうではありません。


無事な建物の方が圧倒的に多いのは確かですが、被災したと思われる家具や家電が街のあちこちに大量に捨ててあり、回収が間に合っていないのをみると家の中の被害が大きかったのが窺えます。

IMG_8969 (540x405)

避難所になっていると思われる小学校の前を通りましたが、まだまだ多くの方が避難生活をされているようでした。
建物は無事でも、家の中が片付いていない、もしくは夜は怖くて家で寝られない、と言う方も多いのかもしれません。

そして何より、繰り返される余震に恐怖し続ける辛さは経験したことのある僕にも分かります。


熊本一の繁華街であるアーケード街は人も多く賑やかです。

IMG_8993 (540x405)

もちろん店内が被害にあい休業している店もありますが、食べ物屋さんは結構開いてる。

IMG_8997 (540x405)

王将、天下一、ココイチバン。飲み屋も殆ど営業してるしお客も多いです。

今日はココイチバンでカレーを食べましたが、満席で少し待たされたほど。

ビジネスホテルもガスが復旧したせいか今日あたりから開けてるようです。


今日も震度4ぐらいの揺れを感じました。まだまだ余震があるので現地の人にとっては不安な日々が続くのかもしれませんが、もう熊本市内はだいぶ元気です。

これからどんどん復旧に向けて進んで行ってくれると思います。


kumamoto.jpg

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

確かに

たびぱぱさん、こんばんは♪
3.11を経験して、いろいろ反省点が出て、今のマスコミの状態があるんでしょうけどね。
マスコミ、特にテレビでの報道は、良くも悪くも「機械的」になってしまった気がします。
現地と離れているから、というのもあるでしょうけど、
どこかで大地震が起こればこういう報道をするというマニュアル通りのような機械的な、どこか気持ち悪さがありました。これなら人間じゃなくて最先端コンピューターが自動的にアナウンスするようにしても一緒。
前震と本震の後でしたが、急に池上彰さんの生特番が組まれたり(笑)、芸能界にも大地震時体勢のマニュアルがあるのでしょうかね。

前震・本震直後は、現地のアナウンサーが歩いて現地の様子を伝えるのは危険という判断もあったのかもしれませんが、地震の記録を見ると弱まっていることは弱まっているので、もう少し現地を歩いて、広い視野で状況を伝えてほしいですね。

Keiさん、こんばんわ~!

僕は中越の時長岡にいてかなり怖い思いをしましたが、その後東京に帰った時の東京の人との温度差を物凄く感じました。
いやいや大変だった~、って感じだったのに、東京の人はふ~んって感じでしたから。
3.11の時は逆に地方にいて、今度は東京に帰るとみんな大騒ぎしてると。

そんなもんなんだなぁ~と感じました。

体験しないと分からないんですね。

僕ははっきり言ってマスコミには期待していません。
ネット社会においては、その必要すら感じません。
一番怖いのは、本当に報道しなくちゃいけないことを全く触れなかったりするところです。しかも意図的に。
テレビでやらないことは存在しないことにしてしまうところが怖いのだと思います。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!