福知山と言えば“さとう”

京都
06 /20 2016

コメント

非公開コメント

地域によりそう

地方にいったらその地域に根差したお店にいくの、楽しいですよね。
今はどこいっても駅前にユニクロ・無印など決まったお店が入った施設が必ずあって、駅前の個性が薄いのでつまんない感じがします。
でもよくみれば地元に寄り添ったお店もあるんですよね。
福知山は「さとう」なんですか。ほうほう。

カイリさん、こんばんわ〜(^O^)/

スーパーでもイオン系列は日本中どこでも同じ物売ってますからね。ちょっとつまんないですよね。

“さとう”はここ福知山に本社があり、北近畿最大の流通サービス企業、と謳ってます。
店舗は京都全域と兵庫県の日本海側にあります。

地域のニーズに合わせた店舗形態や商品ラインナップは、高齢化社会にとっても強いものがあると感じます。
わざわざ車じゃなきゃ行けない郊外の大型店舗はもう必要無くなっていくんだと思います。
それよりは小さい店舗で、各町内にあるぐらいの方がお年寄りには優しいですからね。お刺身やお肉も2人で食べるのに丁度いい小さいパックの品揃えがいいとありがたいですし。

時代もどんどん変化してるんだなぁ〜とスーパーに通ってると感じます。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!