長崎の山の中でふと小学生に戻る

長崎
07 /03 2016
長崎に行くと何故か山の中を歩き回ったりします。

2016062300294780e.jpeg

山登りしてるわけじゃなくて仕事なんだけどね〜^_^;

20160623002946e0f.jpeg

こういう山の踏み分け道みたいな所を歩いていると、小学生の頃を思い出します。

201606230029485e6.jpeg

僕の育ったのは横浜ですが、三浦半島の山の始まりみたいな所に住んでいました(←下手な表現ですいません^_^;)
そこから長い階段を登ると小学校があり、その周辺の林や山の斜面は僕らの最高の遊び場でした。

毎日門限の5時まで山の斜面を転がり、泥だらけになって遊んでいました。

大人になった今は、とにかく早くこの山道を抜ける事だけを考えていますが、子供の頃の僕は通る山道にいるヘンテコリンな小さな虫さえ見逃さず、更に手に取って隅々まで観察する事を怠らなかった。

小学生の頃は時間は永遠だと思える程だったのに、今では凄いスピードで時間が過ぎている様に感じます。先の事ばかりに気を取られて今を生きていないからなんでしょうね。

僕はあまり振り返ったりしないタイプの人間だと思ってますが、長崎で山道を歩いている時はふと、もう一度小学生のあの頃に戻りたいなぁ〜と考えたりする時があります。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今って自由に入って探検できるようなこういう場所があまりないですものね。
竹やぶなんて昔はどこでもある風景だったけど、今はあまり見かけません。
あの葉っぱがワサワサゆれる音が涼し気で大好きでした。
たびぱぱさんは活発な子だったんだろうなー!
私は小さいころ、いわゆる不思議ちゃんでした。
あ、私今でもそこらへんの虫の観察を30分くらいは余裕で出来ます(笑)
今でも変な子です。

カイリさん、こんばんわ~!

そうそう!!
秘密基地が昔は普通にありましたよねぇ~(笑)
僕の住んでたところは防空壕も残ってたりして、子供たちの格好の遊び場でした。

昔はみんなそうだったんだろうけど、家の中で遊ぶなんてしませんでしたね~。
ず~~~~っと缶けりやってましたよ(笑)

やっぱりカイリさん不思議ちゃんでしたか~(冗談ですww)
僕の大好きな虫はゾウムシでした。ゾウムシはホントにお世話になったなぁ~(笑)

でもね、そうやってじっくり観察したりする心の余裕が大事なんですよねきっと。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!