普通のラーメン?

東京
08 /04 2016
ある休日の日、カミさんと出かけたついでにお昼ご飯を食べました。

「それじゃあ前から気になっていた“銀龍”に行ってみよう!」とカミさん。

20160804135552e9e.jpeg

場所は東京都多摩市関戸になります。

外のウェイティングスペースには昼時ということもあり数人の人がいました。
駐車場はもちろんですが、ロードバイクのラックがあるのが好印象〜♪


カミさんが頼んだ、もやしソバ。あんかけになってます。美味しそう〜。

20160804135554791.jpeg


僕は広東麺。色々のってて見た目も楽しい〜!

20160804135555288.jpeg

野菜もたっぷりですよ〜。

20160804135557c6a.jpeg


あとチャーハンも一皿頼んで二人で半分こしました!

20160804135558a3b.jpeg

ネットの評価を見ると、“普通のラーメン”と書く人が多く見られます。
これだけラーメン屋が存在する中で、“普通の”とは何が基準なのか?

このお店はラーメン屋というよりも、昔懐かしい中華料理屋という趣です。餃子はもちろん定食も豊富。昔は街に一軒はあった、出前もやってる来々軒みたいな感じ。
ラーメンブームのせいかこの手のお店は激減しました。
そしてこのお店のラーメンも、そんな中華料理屋の王道の味なんです。安心の味、安定の味。僕の大好きな中華料理屋のラーメンです。その腕前はチャーハンで確信になります。

そうそう!!これこれ!!これこそがチャーハン!これこそがラーメン!!美味い!!!

奇をてらった特徴を売りにするラーメンブームも否定はしない。
でもこういう町の中華料理屋は希少になってしまった今、決して“普通”ではなくなりました。大きなひとつの特徴、となってしまったのではないかと思います。

何よりもこの混雑、人気ぶりが全てを物語っています。

そしてこういう中華料理屋でいつも驚愕するのが、メニューの多さと店員の少なさと、それに反比例する調理のスピード!!
どうやってるんだ!?というぐらいあっという間に出てくる。

まさに職人技!!ラーメンしか置かないラーメン屋なんて足元にも及ばないのです。

昔ながらの町の中華料理屋さん。頑張って存在し続けて欲しいですね。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!