今更ですが、『君の名は。』を観ましたよ

日記
01 /09 2017
正直言うと、キャラクターの画が好みじゃなくて全く興味がありませんでした。普通のアニメのキャラクターだなぁ~、って感じで。
だからどんな内容なのかも調べなかったし、何一つ情報が無い状態で去年の暮れに観に行ったのです。

20170105234907d6b.jpg
このチラシは年末の韓国旅行で手に入れたもの。韓国では今年の1月4日から公開だったようです。

では何故突然観る気になったのか。

もちろん信じられないぐらいの大ヒットで、そろそろ観ておかないと非国民になってしまいそうだ...というのもありましたが、それよりもこのCMがすっごい気に入ったのが始まりでした。



南阿蘇の小さな駅のワンシーン。制服の女の子が目を閉じてヘッドフォンをしてチャラの歌を綺麗な声で歌っている。歌上手いなぁ~...誰だこの子?? 物音にはっとして大きな目を見開いて振り向いた顔がすっごいアニメ顔!!(笑) こんな顔の子いるんだ~!!ホントに誰だろう?

気になって調べたら“上白石 萌歌(かみしらいし もか)”ちゃん。

CD出してないのかなぁ~?って更に調べたら引っかかってくるのは、“上白石 萌音(かみしらいし もね)”。
あれ?お姉ちゃんがいるんだ~。

そして更に調べると、このお姉ちゃんが映画『君の名は。』のヒロイン、宮水三葉の声をやってる子だったんですねぇ~。


3分15秒から“なんでもないや”歌ってます。

この“上白石 萌音(かみしらいし もね)”ちゃんはすでにCDデビューをしていて、そのCDの中で『君の名は。』で使われている、RADWIMPSの“なんでもないや”をカバーしているのを知り、CDを入手して聴きましたがこれがまたすっごくいい!!申し訳ないけどRADWIMPSのオリジナルより数倍好きだなぁ~(笑)


と、前置きすっごい長くなりましたが、そういうわけでやっと観る気になったわけです。
年末の出張先の大阪で観ました。


相変わらず内容については調べたりせず、まっさらな状態で観始めました。
以前どこかで目にしたのであろうポスターかCMのイメージでは高校生の恋愛物語?ぐらいに思ってたので、観ていく内にファンタジーであることが分かり、さらに宗教色もある。ありゃ?これは面白そうだぞ!となりました。

この物語の重要な鍵は“むすび”でした。
そして神教が絡んでくると思い付くのは、高御産巣日神(たかみむすひのかみ) と神産巣日神(かみむすひのかみ)です。この2つの神様は対になって男女の“むすび”を象徴するとされています。(因みにこれにアメノミナカヌシが加わって造化の三神)

カミムスビ、タカミムスビも“生産・生成の「創造」の神”です(Wikipedia)。
そして“むすび”は“産巣日”と書きます。“恋愛の神様”とか“結婚の神様”とは書かないのです。もっと深い部分を表す為に、“むすび”という言葉が使われているのだと思います。

男女もそうでしょうし、単純にただ隣合わせた人ともそうですし、それだけではなく周囲の環境、特に自然界とのつながり。それら全てに創造力を持って“むすび”を認めた時、世界(この世)は素晴らしく複雑で美しいものになります。何故ならそれらは元々一体であることが本当の姿だからです。

だからナショナリズムなんて不自然極まりない、とか宇宙は一体なんだ!なんてやりだすと映画の枠を超えちゃうのでこの辺で(笑)


瀧と三葉がお互いを認識したラストシーンで、僕は一番にカミさんと初めて出会った時のことを思い出していました。それから自分の二人の子供達のことを。

カミさんとは友達の紹介で銀座の居酒屋で初めて会いました(笑)。
子供達もただ医学的物質的な経過だけで偶然産まれて来たのでしょうか。

そうではないと思うのです。
例えば結婚で言えば、お見合いとか合コンとか職場結婚とか色々出会いはあると思いますが、近くにあって出会うことになったということは、潜在意識のどこかで近しいものを持っていたからだと思うのです。
子供も同じだと思います。魂の存在を信じるならば、心の近しいもの同士が集まるんじゃないかと思っています。同じ周波数の様なものを持っている両親の元に、魂が宿るんではないかと。

全てを偶然だと考えたらつまらない...と言うか納得出来ないことが多々ありますよね。
創造して“むすび”を表現することが出来れば、それが真の幸福だし、それこそが人が生きる最大の理由なのだと思います。


...と、映画『君の名は。』を観て何となく考えました(笑)


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。

「君の名は」大ヒットでしたね~って
私は見てないでのです、見とけばよかったと今思ってます。
たぶんテレビで見ることのなるのでしょう。

なんか、たびぱぱさんの書いていることに共感しました。
ラストシーンで奥様を思い出すたびぱぱさんは最高ですね。

2017年も素晴らしい年になりますように、
今年もよろしくお願い致します。

こんばんは~(^0^*)ノ

やっぱり男性って同じように思ってた人
多いんですね~~(^^*)
家は、私が『どうしても!!』って誘って
旦那と息子と3人で観にいきましたが
観終わってから旦那が
「こんな映画だったんだ?!!
君の名は。って言うから
大昔のマチコ巻きのあれみたいな話だと思ってて・・・
正直、全然観たいと思ってなかったけど
観てよかった!」って言ってました(^^*)

むすびは、偶然ではなくて
きっと、必然なんですよね・・・

きなり食堂おか~やんさん、明けましておめでとうございますm(_ _)m

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします〜(^o^)/

君の名は。良かったですよ〜!
その内テレビか、レンタルとかされると思いますので是非ご覧ください。
きっとおか〜やんさんもおと〜やんさんのこと想いますから(^O^)v

今年もきなり食堂とご家族が益々ご活躍されますことお祈りしております〜(^o^)/

かじぺたさん、おはようございます(^o^)/

昔の“君の名は”を意識してのタイトルなのかどうか?は実際どうなんですかね。すれ違い、という設定部分は同じですもんね。こちらはファンタジーですけどね。

昔の方は戦争後の話でしたっけ?あまりよくは知らないのですが、僕は“君の名は。”を観て、3.11の津波の被害も思いましていたりしました。
映画は隕石でしたが、過去の教訓を忘れた事による被害という意味で重なっている様に感じました。

あと“むすび”ですが、漫画とかアニメを作る人って、宗教観のある人が多いですよね。攻殻機動隊とか、宮崎監督とか。
そういう作品って、一見ファンタジーというスタイルをとってはいても、実は真理に迫っているので、人の心に訴えるものがあり大ヒットするんだろうなぁ〜って思います。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!