インディーズ屋探索 その5 桐生 Monster Killer Records と inception records

群馬
02 /13 2017
最近また色々な音源を探し歩いています。

タワーレコードやディスクユニオンはもちろん、出張先の小さなCD、レコード屋を見付けては情報を集めて、これまで知らなかった世界を覗いて見ようと聴きかじる日々。

群馬県は桐生に行く前にもネットで探しておいたお店に行ってみることにしました。

だけどそのお店の情報というのがとても中途半端。ブログもだいぶ前に更新が止まってるし、ホームページも工事中状態。
でも閉店してるわけではなさそうだし…。


取りあえず行ってみるとありました!

2017021306221056e.jpg

ちゃんと“Monster Killer Records”って書いてある!これだこれだ。


あれ?でもどう見ても服屋だなぁ〜。

ちゃんとレコード&CDって書いてあるけど…???

20170213062212876.jpg

きっとこのお店の奥に、2階に行く階段とかあるんじゃないか?と考え、おじさん勇気を振り絞って店内に入ってみた!

店員さんと間違えてお客さんの女の子に話しかけちゃったりしながら(笑)、本当の店員の女の子に聞いたら、以前はレコード屋もやってたんだけど、今はこの古着屋だけなんだそうな。

でも棚の上にCDが置かれているのを発見!!
以前やってたレコード屋の名残の商品らしく、尋ねたら売ってくれるとのこと。

それで購入したのは、群馬のHIPHOP(ラップ)、“ジュノン・コアラ”のCD。

201702130622169b2.jpg

事前にこのお店のホームページからラインナップをチェックして、あればこれを購入しようと思ってたので目的達成〜。

ってやってたら、店番の女の子が連絡取ってくれたらしく、オーナー登場。少しお話出来ました!


実は今年の4月を目標にレコードコーナーをリニューアルオープンする準備中なんだそうです。

なるほど〜、そういう事でしたかぁ〜!


更に近所の面白そうなレコード、CDショップも教えてもらったので行ってみることに。

歩いて7分ぐらいでした。“inception records”。

20170213062213890.jpg

店内カッコイイなぁ〜。こんなお店が持てるなんて羨ましい〜。

20170213062215423.jpg

これまた店長さん気さくで良い人でした〜。

ハウスものが中心のようです。ハウスってつまり何?って質問しても、詳しく教えて下さいました。

棚にあったこれが気になったので、色々伺ってたら面白そうなので購入〜。

20170213062218a00.jpg

“origami PRODUCTIONS”というレーベルに所属するアーティスト(クリエーター)のセッションと、アートカードとのコラボ作品で、Laidbookと名付けられています。

音楽もコンセプトもめちゃくちゃカッコイイのに、なんと1000円!!
これはまた良い物教えてもらったなぁ〜。


夜ではあったけれど(そんなに遅くないよ)ドンキホーテ以外はこの二軒のレコード屋しか開いていないという中々の街ですが、その二軒のレコード屋にこそ、街が変わっていく為のヒントみたいなものがあるんじゃないか?と期待してみるのでした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!