新潟大堰(にいがたおおぜき) その1 関谷分水資料館

新潟
07 /19 2017
新潟でございます。

グーグルマップを眺めてたら気になる場所があったので行ってみることに。

ここね。



何だか普通の橋じゃなさそうだなぁ~って思うでしょ?


おぉ~~。ここだここだ。

IMGP5823 (540x405)

“新潟大堰(にいがたおおぜき)”と言うらしい。ほぼご同輩ww

日本海への一番河口にかかっている可動堰です。この向こう側がすぐに日本海。


このすぐ脇に“関谷分水資料館”というのがありました。

IMGP5782 (540x405)

IMGP5780 (540x405)

まだ開いてたからちょこっと入ってみる。

IMGP5822 (540x405)

“関谷分水”というのは、新潟市街地へ流れていく信濃川を真っ直ぐ日本海に流れ出すように開削した部分のことのようです。




そしてこの可動堰で流量を調整し、洪水や海水の遡上をコントロールしてるんですねぇ~。

IMGP5786 (540x405)


信濃川の魚たちの展示もありました。

タナゴとか~...

IMGP5786タナゴ (540x405)

オイカワとか。

IMGP5786オイカワ (540x405)

さて、“関谷分水”については何となく分かったので、新潟大堰の近くまで行ってみましょうかねぇ~。


つづく。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は今年(2016年1月)から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!