FC2ブログ

年々酷くなっていく豪雨

自然
07 /10 2018
豪雨の被害に合われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

状況が分かるに連れ、日々増加する被害者数の発表を耳にする度、胸が締め付けられる想いがします。

辛すぎる…


アベ君は被災地に視察に行ったようだが、被害に合われた方々になんと言ったのだろうか?

「僕が経済成長優先した為に、温暖化が進みこんな事になってしまって申し訳ない!意味不明な改憲進めることに一生懸命になっちゃって、環境問題を後回しにしてしまって申し訳ない!」

そう言うべきである。

こんな事態になっても、環境問題は後回しだと考えるなら、よっぽどのアホだ。
何よりも環境問題を最優先させなくちゃいけないのに。

何故なら、こんな時に不謹慎だけれども、この事態は年々酷くなっていくからです。


もう十年以上前になってしまいました。2006年に放送された、“NHKスペシャル 気候大異変 異常気象 地球シミュレータの警告” の中で、すでにこうなる事が伝えられていました。



26分24秒からご覧ください。


100年後(放送当時こう言ってたから、後80年後?)の日本は、6月から2ヶ月間はずっとこんな感じになってしまうそうです。

001_20180710133335592.jpg

この放送を見た当時は、はぁ〜そうなんだ〜…ぐらいに思ってましたが、それから年々、その状態に近付いている事を実感しました。

去年もそう!一昨年もそう!でしょ?

じゃあなんで?
分かっていたのに何もしてこなかったのか。していないどころか、政府もテレビもそういうことを言わなくなっちゃったから怖いんです。

豪雨災害と温暖化を結びつける発言は一切されない。
多分、環境問題と経済成長は相容れない物だと思ってるからなのか。トランプ君もそう言ってたからね。

でもアメリカのハリケーンもそうだけど、経済成長に比例するように自然災害が増えれば、逆に経済衰退していくんじゃないの?

今回は運良く被害に合われなかった人も、洪水ハザードマップ等を確認して欲しい。取り敢えず今はそれだけを強く言いたい。

一日も早い復興を…なんて軽口を言うことは出来ません…。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
   ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まず、雨の日は、歩きたくないですし、
避難は躊躇されますよね。
水かさが増したら、歩く早さも・・
流れてくるものもありますし。

少し気になっているのは、
ため池の話。
南海地震では、決壊しそうになった地元のため池もあります。(大阪南部)
私でさえ知っています。なのに、対策は・・と思うと。
(実家付近のそのため池はコンクリにやり直しています)。
もっと、上のものは、そういう声はきいているはず。
瀬戸内の地元の人は多分ご存じ。だけど、
届かないんだと感じます。



玲紀静香さん、コメントありがとうございます!

今回も(実はこういった災害の時は毎回ですが)、“想定外”という言葉を多く聞いた気がします。
「今までそんな事なかったし、まぁ大丈夫だろう。避難して何でもなかったら馬鹿らしいし。」
そんな意識も避難を遅らせる要因になってるんじゃないかと思います。
でも実は、北九州、中国地方、四国、近畿辺りは水害が増えることは、数十年前から予測していた事なんですけどね。

溜池も水害の1要因になる事、知りませんでした。確かに四国など溜池だらけの地域がありますよね。

そういった、目の前の危険予防ももちろん必要ですし、同時に温暖化対策を進めていかないと、水害は急激に増え続けるばかりだと思います。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!