FC2ブログ

青森県 青森市 八甲田丸

青森
04 /04 2010
 オイラはさすらいの旅人...。

 故郷を飛び出し、港から港へさすらい続ける。

 人はオイラのことを、“渡り鳥のたびぱぱ”と呼ぶ。

001_20100403152520.jpg
係船柱(けいせんちゅう)(ビット)があると何故か足を乗せてポーズをつけてしまう。


 流れ流れて、青森県まで来てしまった。

 とうとう本州も渡ってしまうのか...。

 
 ベイビー! 止めないでくれ。所詮オイラにゃ落ち着くことなんて出来っこないのさ。

 船がオイラを呼んでいやがるぜ。

002_20100403152520.jpg
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

 
 って...あれ!? メモリアルシップってどういうことよ!?

 にゅ、入場料? ハァ? 500円?

003_20100403152520.jpg

 なんだよ、おい!これ動かねぇのかよ。

 しかも中は展示室みたいになってるじゃねぇ~か。

004_20100403152520.jpg

 さらに分かりやすいし、思いのほかおもしれ~じゃねぇ~か

005_20100403152520.jpg

 おぉ~っと、船長さん!忙しいところ邪魔したな....(ホントにドキッとした!)

006_20100403152520.jpg

 ...なんだよ~。無愛想なやっちゃなぁ~。


 機関室はスチームパンクしてて、いかしてるじゃねぇ~か!                         

007_20100403152655.jpg


 船底に列車が入ってやがる!

008_20100403152655.jpg

 こいつで列車を船底に固定してやがったんだな~。

009_20100403152655.jpg

 しかし奇妙な光景じゃねぇ~か。

010_20100403152655.jpg

 
 この扉から入って来やがったんだなぁ。

011_20100403152655.jpg

 外から見るとこんな風になってやがる。引込み線が残ってるのか!おもしれ~じゃね~か。

012_20100403152655.jpg

 “八甲田丸”は、1964年から1988年まで、青森―函館間を、鉄道と人を運んだ船だったんだってさ。


青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の周りには、他にも当時のダチ公がたたずんでるぜ。

013_20100403152843.jpg

014_20100403152843.jpg


 見なよ...。お前の後ろには、“青森ベイブリッジ”がそびえてるぜ。

015_20100403152843.jpg

 お前が動かなくなって6年後に完成したんだってなぁ。

 総工費270億円。長さ1219m。かっこいいじゃねぇ~か!

016_20100403152843.jpg

 時代や景色が変わったって、オイラはお前のことを忘れないぜ。

 また合う日まで...。グッバイ、八甲田丸。


いつもありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

昔のことを思い出します。

お早う御座います。

青函連絡船・・・・・・宇高連絡船・・・・・。
私には同じ様に耳に響きます。でも、乗客の心中はこちらの船とは違っているのかも知れませんが。

子供の頃から、国鉄の車両は岡山県の宇野から香川県の高松市まで、青函連絡船と同じ様に連絡船が就航しておりました。
私は岡山などに遊びに連れて行って貰う度に、連絡船に貨車が収容されている風景を何度も見ています。
出航の時の銅鑼の音・・・・。飛び交うテープ・・・・。
思い出しても郷愁を感じさせられる一場面ばかりです。

私がその船に乗ると、決まって後部甲板のうどん屋に行きます。
立ち食いうどんですが、先ず多くの列の最後に並び、順番が来たら定番の「月見うどん」を注文し、空いているベンチに座って過ぎゆく島々を眺めながら食していました。
讃岐の人間がうどん一杯で満足するはずもなく、もう一度長蛇の列に並び、もう一杯きつねうどんを。
食べ終わって振り返ると、私が最初に列に並んでいた時に食べ始めていた人が、まだその一杯をもっそりと食べています。

讃岐の人間は早食いでは無いですが、うどんは噛まずに飲み込みますので、普通の方よりもは食すのが早いようです。

瀬戸大橋が開通し、宇高連絡船も廃止になって、当時就航していた連絡船は、東南アジアに売り払われた船や転々と売却されて行った船・・・そのような末路なら一隻くらい保存して欲しかったと思います。

記事を拝見させて戴き、その様なことを思い出しました。

こんにちは

こんいちは、旅行五郎です。
今回は青森県ですか。自分も以前青森に行きましたが、一番印象に残っているのが青森ベイブリッジです。青森駅をでるとすぐに見える大きな橋素晴らしかったです。
また、その時は夜だったのでライトアップもされていてとても綺麗でした。
たしか、橋の上を歩いてみたいと思い途中まで上ったんですが、たしか通行止めだったという苦い思い出があります。(笑)

こんばんは

たびぱぱさん、こんばんは
本州最北の青森、連絡線の展示船
懐かしいもう十年以上前に見た景色です
近くにねぶたの展示館もあり見てきましたよ
懐かしい景色ありがとう♪^^

No title

たびぱぱさんの語り口調、いつもいいなぁ~(^^)
普通に紹介されるとフムフム…なんだけど、いつもプっと吹いてしまいます(笑)

電車の写真の2枚目…これによく似たのを見た事があります。
たしか天王寺~和歌山辺りを走っていた『きのくに』だったと思います(^^)
電車ってこんな風に運ばれていくのですね~!
そういえば私も昔、夜中車で走っていたら隣に新幹線が並んで走っていたのでビックリした事があります!新幹線を一般道路で運ぶなんて知らなかったe-330
あの新幹線を牽引するドライバーはさぞ大変でしょうね~(^^;)

亀山築城さん、おはようございます!

なるほど~!宇高連絡船っていうのもあったんですねぇ~。
“貨車が収容されている風景”八甲田丸の展示のビデオで観ましたが、生で見てみたかったですねぇ。
橋が出来たり、トンネル出来たり便利になるのはもちろんいいことですが、失われる光景に寂しさを感じてしまう矛盾があります。

旅行五郎さん、おはようございます!

青森ベイブリッジかっこいいですよねぇ~。僕も大好きなんです。
確かに補修工事だかしてた時期がありましたねぇ~。
今回は時間が無くて渡りませんでしたが、いつも必ず上まで上がります。景色も最高だし、迫力があって、お気に入りスポットのひとつですねぇ~。

♪津軽海峡~~ふゆ~げ~しき~~(十八番(笑))

青函トンネルもブルトレも
子供の頃、いつか乗ってみたい・・・
と憧れたものでしたが、
その夢は果たせないままどんどん
無くなって行ってしまいます。

せめて、私も其処へ行って
ビットに足乗っけたいですね~~(^-^*)

フォトギャラリー「高原季彩」 さん、こんばんは!

コメントありがとうございます!
ねぶたの展示館ってあったんですねぇ~。知りませんでした。もしかしたら、今工事してる辺りにあったのかもしれませんね。
僕も何度も青森には行ってるんですけど、八甲田丸に入ったのは今回が初めてでした。かなり面白かったです。

こゆきさん、こんばんは!

いつも適当には変わりが無いんですけど、特にモデルがいなくて、設定を想像するのがちょっと大変(?)でした(笑)

おぉ~!新幹線の運搬を見かけたことがあるんですか~!いいなぁ~~!僕も見てみたいです。
昔運送屋さんのCMでやってたのを見た事はあります。

あと僕が見てみたいのは、風力発電のプロペラの運搬。あれも大きいと20メートルぐらいあるブレードを港から直接運ぶと聞いたことがあります。前方のハンドルを操縦する人と、後ろのタイヤを操る人といるみたいです。
山の上に建つ40メートル以上級のプロペラを運ぶのって、ものすごいだろうなぁ~と思うので、一度見てみたいですねぇ。

かじぺたさん、おはようございます!

特に船は、どんどんなくなってしまいますねぇ~。
でも北海道へは、車はまだフェリーでしか行けないから、八甲田丸じゃないけど、いつか乗るチャンスもあるかもしれません。

青函トンネルは僕も通ったことが無くて、いつか青森から函館に電車で抜けてみたいですねぇ~。
なんか、トンネル内にも駅があるんですよねぇ。ドラえもんがいるのかな?
いつか家族で行ってみたいです。

今日は!

まだ雪が残ってますねー。 寒そう!

いつもながら、旅情が伝わってくる画像ですね。

たびぱぱさんが、北の方へ行かれるのは 珍しいんじゃないですか?

撃墜王ナガモトさん、おはようございます!

調度昨晩降ったんじゃないかなぁ~という感じでした。
正直とても寒かったです!

北の方へはこれからですねぇ~。つまり雪解けを待って、といったところです(笑)

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!