FC2ブログ

水戸岡鋭治ワールド その3 隼人駅

鹿児島
08 /28 2011
 鹿児島をブラブラ。

 とりあえず駅まで行けばなんかあるだろうと、汗をたらしながら歩いて来たけれど、これはやっちまったか?

01_20110826120540.jpg

 隣の駅の方がにぎやかだったかなぁ~。

 調度駅の中間にいたのでどっちに行こうか迷ったんだけど...。

02_20110826120539.jpg

 でも駅を見た瞬間、こっちに来て正解だったと思いました!!

 鹿児島県は霧島市、“隼人駅”

03_20110826120539.jpg

 薩摩ゆかりの“島津家”の家紋に“隼人駅”の文字。

 そしてこの“竹”に覆われた駅舎は見覚えがあるぞ!

04_20110826120539.jpg

 そう!博多で観た、“水戸岡鋭治の大鉄道時代展”の中で紹介されていた、“水戸岡鋭治”氏の仕事のひとつだ!とすぐに気付きました。

 駅舎そのものはそのままに、少ない予算からのリニューアルで、駅舎の全体を唐竹で格子状に張り巡らせています。

 トイレの入り口には暖簾が!!

06_20110826120538.jpg

 こういった和のテイストを取り入れたものを、“水戸岡鋭治”氏のデザインには多く見受けられます。
 駅舎を囲む竹もそうですが、日本にある自然の素材を使う手法は、列車の内装デザインでも多く採用されています。

 この暖簾は、鹿児島中央駅のコンコースにある案内所でも見かけました。

07_20110826120620.jpg

 ちなみに、鹿児島中央駅のデザインも“水戸岡鋭治”氏の手によるものです。

05_20110826120539.jpg


 隼人駅の入り口にも暖簾が。

08_20110826120619.jpg

 駅の構内には、駅舎を囲む竹についての展示が見ることが出来ます。

09_20110826120619.jpg

 薩摩の古代民族、隼人族と竹とのつながりについて説明されています。

10_20110826120619.jpg


 まだまだ九州には沢山の“水戸岡鋭治”ワールドが存在しますが、それは出張先で出会った時に又紹介できたらいいなぁ~と思っています。

 一番簡単に触れることが出来るのは、駅にあるJRのチラシ。

11_20110826120619.jpg

 このイラストこそが“水戸岡鋭治”さんの作品です。

12_20110826120618.jpg

 このポスターの絵もそうです。

13_20110826120644.jpg

 このポスター欲しいなぁ~。かっこいい!!

14_20110826120643.jpg

15_20110826120643.jpg

 九州に一歩踏み入れば、そこはもう“水戸岡鋭治”ワールドだらけなのでした。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪  
  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



九州鉃道紀行 JR九州と水戸岡鋭治の世界 [Blu-ray]九州鉃道紀行 JR九州と水戸岡鋭治の世界 [Blu-ray]
(2011/04/07)
水戸岡鋭治

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

たびぱぱさん、こんにちは。
こちらでは、はじめまして。
先日は当方ブログにコメントを頂きまして、ありがとうございます。
いつも、拝読させて頂き、楽しませて頂いております。

隼人駅、変わりましたですね。面白い意匠だと思います。
実は、田舎がこちらなのですが、伝統的にハイカラなものを
抵抗なく受け入れる風土があるとも感じます。
また、寄らせて下さい。

No title

こんにちは

JR九州の、駅舎も、良いデザインですね。
電車のデザインと、上手く合うような感じがします。
更には、
“島津家”の家紋まで、添えてあるとは、
とても、興味深いです。

ありがとうございました。

No title

こじんまりとしていますが、
うまくまとまっていて新鮮でカッコいい駅舎ですね!

確かに効果的にリニューアル出来てそうです。
水戸岡鋭治さんってスゴイ!

hmdさん、おはようございます!

いつもご訪問ありがとうございます!

hmdさん、こちらが田舎でしたか~!!
実は...
僕もそうなんですよ~!
母の両親(おじいちゃんおばあちゃん)と、叔父さん夫婦がいます。
今回も仕事のついでに顔を出して来ました。

鹿児島は歴史的に見ても、新しいものを積極的に取り入れて来たように思います。
ただその為かどうか、正直に言うと、この駅舎のデザインは地元では賛否両論あるようです。
でも水戸岡さんは、日本は“和”をベースに西洋のデザインを取り入れいかなければいけない。という考えがあるようで、奇抜ですぐに廃れてしまうものではなく、長く受け入れられるデザインを追及してるのかもしれません。
そういう意味でも、この隼人駅の雰囲気は僕は好きだと思いました。

TageSPさん、おはようございます!

“島津家”の家紋は以前からあったものなのか、リニューアルの時に付けたのか詳しくは分かりませんが、どっちにしても格好いいな~と思います。
水戸岡さんは元々は建築のデザインをされていたようなので、その辺の仕事も多く観ることが出来ます。
九州に仕事に行く時は、その辺気を付けていようと思います。

よしくんさん、おはようございます!

この駅舎、遠目には分かりませんが、古い駅舎をそのまま利用してます。多分予算の関係でしょうね~。
でも地元の竹を使ったり、地産地消にも貢献している当たり、工夫が見られさすがだなぁ~と思います。

クィーンズスクエアの内装にも関わってるんですよ~。
楽しい子供用トイレ何かは水戸岡さんのデザインです。

行きた~~いo(≧Д≦)o

こ!これは!!!
なんて素晴らしい駅舎なんでしょうか!!!
暖簾!!!暖簾と竹!!!!!
こんな素敵な現代駅舎、
見たこと無いですよ!!!
これは素敵だああ~~~!!!
水戸岡鋭治氏って本当にすごい仕事する方なんですね~~!!!
このポスターもすんごく良い!!!
あ~~~・・・・・
これは水戸岡鋭治氏、最重要チェックですね!!

あ~~隼人駅・・・・・行ってみた~いo(≧Д≦)o

かじぺたさん、こんにちは!

水戸岡さんの仕事は、みなとみらいのクィーンズスクエアーの内装にも見ることが出来ます。
カラフルなインフォメーションカウンターや、中通路に設置されたポールなどです。
あと富士登山鉄道もそうらしいです。
とにかく、どんだけ仕事してんだ!!って感じですねぇ~。
まさに時の人、ですね。

たびぱぱ

大きくなった子供達とは中々時間が合わなくなり、家族で出かけることも減ってきましたが、僕は相変わらず全国あちこちブラブラしています。

休日は2016年から始めたロードバイク(コーダーブルームFarna700-105)に乗って出かけてます。
東京湾一周したり、富士山登ったり、長距離走るのを楽しんでいます!